RSS

「マチコのかたち」本編

16 2月

これも30分の短編です。もう10年も昔の作品です。

(物語)ある晩、偶然立ち寄ったレストランで、マチコは不倫相手を待ち続けていた。そこでマチコは、自分と全く同じドレスを着たマダム白金と知り合う。誤解からかお互いの感情をぶつけ合った二人は、不思議な信頼関係を築き始める。不倫の恋に悩むマチコに、マダムは“女のかたち”を変える魔法をかけると言うのだが・・・

「マチコのかたち」30分 DV

(雑記)DVカメラしかない時代だったけど、それでも頑張った。ずっとアートフィルム系実験映画ばかりだったので、娯楽の要素をどこまでヤレるのか挑戦してみたくて作りました。舞台劇のようなシナリオ書きました。撮影は2日間。ほとんど徹夜。今はなきシネマ下北沢で2週間レイトショー公開。打ち上げの時に「自分には、この作品には満足できる要素がない。」と言い放ち、あとで制作部に怒られる。でもやっぱり好きになれない。自分のフィールドじゃない感じ。だから上映にも消極的。映画祭にもほとんど行かなかった。井川くんには迷惑をかけました。リベンジしたくて同じ役者&スタッフで、「SPICA」を作った次第です。

監督 白川幸司
撮影 井川広太郎(「東京失格」監督)
音楽 小松清人(WaTプロデューサー、柴咲コウ「かたちあるもの」)
出演 鈴木薫、エミ・エレオノーラ 

2004.01 バンコク国際映画祭正式招待 (タイ)
2004.03 SKIPシティ国際Dシネマフェスティバル 正式上映(川口)
2004.06 イメージフォーラムフェスティバル2004正式招待 (福岡)
2004.06 シネマアートン下北沢 レイトショー 6/19~7/2
2004.09 JuMF2004 eMotion Film Festival Conpetition グランプリ(韓国)
2004.09 第23回バンクーバー国際映画祭 正式招待(カナダ)
2005.07 第14回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 正式上映

(感想)やっぱり、エミさんの存在感、ミュージカルシーンが際立っている。ドキドキしながら、役と歌の依頼をしたのを覚えてる。エミさんからは、いい刺激をたくさん貰った。三上さん&エミさんVer.舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」からも「教室」は大きな影響を受けている。ヲカマの生き様には「聖なるもの」と「俗なるもの」が混在している。それは、まるで自分そのもの。自分自身のそういった面に目を向ける機会になったと思う。

タイの短編映画祭の審査員で、バンコクに行った時に、アピチャッポン(ジョー)と最新作を観せ合う感じになった。向こうもヲカマミュージカル「アイアンプッシーの冒険」を作っていたので、すごく連帯感を感じた。映画祭内で対談することにもなり、お互いに、自作の方向性を転換しようとしているんだなと思った。

 
コメントする

投稿者: : 2012年2月16日 投稿先 雑談

 

タグ: , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。