RSS

インディペンデント映画の機材と妄想力

10 4月

http://www.raitank.jp/

最近、よくお世話になるサイトです。海外の一眼ムービー機材の最新情報を分かりやすく教えてくれます。特に、注目なのは、PanasonicのGH2をハッキングして、動画品質を劇的に向上させる研究をまとめているフォーラムです。私自身は、5Dmk2や60D、そしてレンズも含め、Canon派です。「GH2って、センサー小さすぎない?」っていう印象を持っていました。(実際は本当に小さいんですけどね。)ただ、フォクトレンダー NOKTON 17.5mm F0.95のような明るいレンズが出てくると、小さなセンサーでもボケてくれるし、そもそも、マウントアダプターを介せば、CanonレンズもOKじゃん。とだんだんとGH2に流されつつ有ります。で、ハッキングもいよいよ完成形に近づきつつ有ります。GOLGOP3-13_SednaCの改造ファームが良さそうです。もう少し、改造は続くようですが、撮影された実データを拝借して、AEでカラコレもしてみましたが、いやはや、素晴らしい画質でした。あきらかにCanonを凌駕しています。c300と比較しても、GH2の方が好きかも。(c300は、どうもビデオっぽすぎて。)

GH2を3台購入して、本作に使えないかなと、いろいろ調べていました。

ステディカムは、http://vimeo.com/35039887で紹介されている”Neuron”にすごく惹かれます。国産ですよ。しかも個人で製作しているんです。なんとか、クラウドファンディングで資金調達大量生産して頂けないかと妄想しています。

カメラゲージでは、http://tkysstd.com/wp/?p=91こちらも個人で製作しています。もうすごくかっこいいです。これにRODEのマイクとか、7インチモニターを付けられそうですね。

 

と、思っていたら、なにやらPanasonicから新機種の噂。http://digicame-info.com/2012/04/410m43.html

もしかして、悲劇のカメラAG-AF105の後継機種では?となると、期待するのは、GH2と同じくハッキング出来る仕様にしてくれてるとか、フルHD60Pを達成してくれてるとか。大げさに騒ぐと4Kとか??

本当に、最近の一眼ムービーは、いよいよ熟してきています。試行錯誤の時代は過ぎて、ついに、本命がどんどん出てきています。Canonやソニー、ビクターの4K、REDさん、デジタルボレックスさん、そして、Panasonicも出揃う感じです。インディペンデント映画の製作者は、大いに研究して、活用すべきです。機材に関しては、もう劇場用と差はないと良いです。というか劇場用もこれらの機材を使っていますし。となると、あとは、製作者の腕とチームワーク、それを束ねる経験、完成した映画をイメージできているかどうかになります。高いコストで完成度を高めてきたプロチームは、その規模も足かせになっています。私たちは、小さい規模、小さい予算で、独創的な完成度に高めることが可能です。

そう考えると、いい時代になったと言いたいのですが、果たして、ツイッターなどのツールで、なかなか「閉じた個」を持てなくなった世代に、強い妄想力強い想像力は産まれるのでしょうか?

 
コメントする

投稿者: : 2012年4月10日 投稿先 雑談

 

タグ: , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。