RSS

新脚本と表現者の融合を!

17 10月

今日は、脚本の書きなおしが、だいぶ進んだ。見事に再構築できていると思う。登場人物がかなり減ったし、展開も余白を残し、書きなおした。つまりは、役者の演技力や空気感での描写時間を増やし、寓話的な群像劇展開を、(物語過ぎないよう)抑えこんでいっている。予算的な問題も新脚本でクリアできそう。ラストは、新脚本の方が、映画の神様が降りてきていると思う。というか無理くり降ろしている。主役のレイチェルさんが決定して、いろいろと私の中で風が吹きまくっていたが、どうやらキチンと渦を巻き始めたようだ。(ハーリハーリハリケーーン)

日曜日に、レイチェルさんのダンスショーを観に行った。ストロングストイックストロベリーショーvol2というイベント枠のひとつで、「SMALLENNIUM 百万年の孤独」30分のダンスショーだった。構成がすごく良かった。ポラロイドカメラで客席のお客さんを撮影して(ドラァグショーみたいだが)、警戒している観客を下品に引き込んで、服を脱ぎ出す重々しい展開、そのまま、鬼気とした葛藤の表現へと流れていく。演劇的な要素もたくさん盛り込み、首藤康之さんのドキュメンタリーで紹介されていた「空白に落ちた男」をなんとなく思い出したが、すぐにレイチェルさんの表現しようとする動作や表情に集中できた。役を演じ表現しようとする時のレイチェルさんは神々しい。ダンスの舞台だと思っていたが、そんな全然ダンス以外の表現全体にいろんな思いを抱いた。

レイチェルさんの中で、もしかしたら、何かが始まったのではないかと感じた。表現者として新しいフィールドを見つけたのでは無いか?実はこっちの方がしっくりしてるとか?

舞台であるのだが、カメラでアップを撮影したい衝動もあった。ここは顔のアップでしょ!ここは手先を撮影したい!うーん、レイチェルさんの顔を撮りたい。神々しいその顔を。なんだか、映画に誘ったのは、タイミング良すぎたのではないかと思う。カメラで撮ることで、表現者から表出するものを記録できると思う。

さて、脚本を早く完成させて、レイチェルさんに挿入しなくちゃ。

 
2件のコメント

投稿者: : 2012年10月17日 投稿先 雑談

 

タグ: , , , , , , , ,

新脚本と表現者の融合を!」への2件のフィードバック

  1. Johnb984

    2014年7月19日 at 16:44

    Howdy! I basically would like to give a huge thumbs up for the good data you’ve got here on this post. I will probably be coming once again to your weblog for far more soon. aakdbbgdceed

     
  2. Johna284

    2014年7月19日 at 16:44

    Please add more movies related to cooking if you have, because I wish for to learn more and more about all recipes of cooking. kbdeceadacdb

     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。