RSS

月別アーカイブ: 11月 2012

「ようこそ、美の教室へ」脚本

ようやく、10月31日(水曜日)19時、新宿三丁目スタバにて、完成しました。この日は、早朝から、中野坂上のジョナサンで脚本書きを開始し、その後、西新宿のサンマクルカフェで充電をしながら更に書き進め、徒歩でずっと考えをまとめながら、三丁目スタバにたどり着いたのでした。変な外国人に何度か妨害されるも、なんとか完成まで集中しました。

今回の脚本は、まず友人のリオ君に読んでもらい、ファーストインプレッションに耳を傾けました。「分かりやすくなっている。より耽美的な印象を持つ。短い映像を繋げていきそう。悪いヤツに罰は与えないのね。」というものでした。懸念していた部分、分かりやすくしたせいで、テーマの奥深さは失われるんじゃないか、というのは感じなかったそうなので、安心しました。

もう少し、熟成させるつもりですが、それにはまだ何週間か必要ですので、現時点での脚本をお読みになりたい方は、ご連絡ください。

「人間の恍惚への中毒」と「美の存在」「死の存在」、それらを圧倒し包みこむ「繰り返しの概念」これらのアンサンブル絵巻になっています。

(追記)
前のバージョンの脚本「教室」の配布は終了とします。今後は、新脚本を一般公開することはありません。スタッフや役者を集めていく段階になります。

 
コメントする

投稿者: : 2012年11月1日 投稿先 進行, 脚本