RSS

月別アーカイブ: 2月 2013

オーディション開催考察

kodomo

少しずつだが、配役が埋まってきた。知り合いの役者さん、気になる役者さんとも個別に面談もしている。

そろそろ、オーディションに関して、進行しなきゃいけない時期に来ている。

1:オーディションする役柄を絞り込む。(ちと多すぎ)
  サトル 母親ルイ 愛人カズオ サルキチ校長
  祖母キヌ 患者タケオ 中年ババン 化身の少年

2:日程と会場選び。新宿か中野付近

3:ワークショップ形式で演出を数パターン試す。
  カメラ撮影もする。

4:配役決定か候補者なしか決め、再募集の有無を判断。

課題:大規模な募集をどう進めるか?(アイデア募集。現状は地味に掲示板カキコ。。。)
課題:1に関しては、気になる役者とは個別オーディションしていく。

kubi

クランクインは、この調子だと、やはり秋くらいだと思う。撮影期間は、まだ未定だが、主役は、秋から春までの期間必要。季節をどう盛り込むかでスケジューリングする必要があるが、まだそれは後回し。

エキストラは、現在、20名以上は登録済。あとはスケジュール次第であるので、もっと登録数を増やす必要がある。

サトルは主役の一人で、演技力と容姿が重要。軽はずみな気持ちでオーディションに望んでも、時間の浪費なので、決意を持って応募ください。特に、10代後半と20代後半を演じわけて欲しいのですが、20代後半のキャラは、過酷な人生を経ているので、中身は色々と達観しているので、別人格と捉えてください。年齢設定も40代前半に引き上げておいたほうが良いと思います。

配役された役者は、今年から来年春までは、人生を捧げてください。

furikaeru

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月22日 投稿先 進行, 役者

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

保護中: 脚本ダウンロードお願いします。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2013年2月16日 投稿先 テスト映像

 

マクロアダプターという選択

先日のマクロレンズ購入しようかと考えていたレンズ構成。はて、そういえば、キヤノンレンズの時はマクロアダプター買ったな。マイクロフォーサイズ用のマクロアダプターもあるんじゃないか?と探したらすぐに見つかりました。

で安いのですぐにポチッ。

マクロエクステンションチューブ(接写リング)

todokimashita

早速、テスト開始。まずは何も付けない状態でパシャ。

futuunozu-mu

いよいよ、実力を見せてやれ!マクロアダプター!!まずは基本からと思い、長さ調節は1を使ってみる。パシャッ。

a1

あれ、ピントが合わない。きっと長さ調整が1じゃダメなんだ。うんうん、じゃ2にしよう。パシャッ。

a02

そうだよね。ますますボケるはずよね。という事は3は全然ダメなはず。うーん、じゃ、長さ調節しなきゃイイのかしら。パシャッ。

a00

おお!ようやくピントが来ました。うんうん。安心しました。

nanimohasamazu

そこで、今度は、KIPONちゃんの再登場です。

2tusunoadaputa-

これでキヤノンレンズでマクロ出来るのか試してみようと思います。パシャッ!パシャッ!パシャッ!

50

35

おお良い感じ。アレ、もしかしたらKIPONちゃん自体が長い筒なんだし、どこまでマクロ出来るか試してみるべきだよね。パシャッ!

kiponのみ

アカン。長さが足りない。あ、そうだ、一番マクロっぽく寄れるNOKTONちゃんに、マクロアダプターって最高の出来になるんじゃないの??パシャッ!!

17.5

もともと寄れるレンズには合わないようです。。。。一番明るいレンズだったのに残念。

12-35

マクロアダプターのピント合わせ方は、基本的に、カメラを持っている自分自身が前後に動くしか有りません。それとこの安いアダプターは電子接点がないので、絞るにはレンズに絞りリングが付いているほうが便利みたいですが、でもマクロってボケ命なんだから、絞らずNDフィルターが必需品よね。

マクロレンズのいいところは、ピント合わせがレンズのピントリングで出来ること。接写もできるし、遠くも撮れる。やっぱり便利だよね。でも、数シーンを撮影するだけのためにマクロレンズを買うべきか?小道具や衣装やスタジオ代にまわすほうが「映画にとってはイイのではないか?」

とりあえずは、マクロアダプターでなんとかしようと思います。

備考:クローズアップフィルターは画質が低下するっていうけど、どうなんでしょうね。NOKTONちゃんに付けちゃえば幸せになれるのかな。。。(遠い目)

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月13日 投稿先 進行, 雑談, 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GH2のレンズ構成考察

IMG_0926

今回の現場では、GH2ハックカメラを3台使う。役者をどう取り囲むか?を決めていかなければならない。照明との関係やロケ先の制約もあるので、現場に即した配置をしていかなければならない。

ZACUTOのカメラテストで、GH2が勝利したのは、照明の配置(PDF)とも言われている。そんな重要な照明配置にも配慮して、現場でカメラ配置をどう決めるのか?そして、どのカメラにどのスタッフを付けるのか?マニュアルレンズの得意なスタッフも居るだろうし、役者を追いかけるのが上手なスタッフも居るだろう。ただ、GH2を触るのが初めてのスタッフが多いと思うので、その特性理解も含めて、練習あるのみ!!だと思っている。

などと考えていると、今、手元にあるレンズは焦点距離、リングの硬さ、そして露出などバラバラであるので、それらを上手に運営するのも大変だなと思う。まずは手元にあるレンズをリストアップ。レンズマウント自体違うのでアダプターを介して焦点距離が変わったりするので、一応、35mm換算も添えておく。F2.8以下の暗いレンズは対象外。つまり使わない。

暗いレンズを使わないということは、被写界深度の浅い映画になるということになる。具体的には、映画「ブルーバレンタイン」の映像に近い傾向。リアルでシリアスなドラマ部分を広角で被写界深度の深い映像にすると、ビデオっぽさが出て、よりリアルになるのだが、今回はリアル過ぎるのを回避したい。対極にあるオペラ映像との関係もあるのだが、美意識を前面に出しつつ、ドラマ部分を創りあげたいのである。この部分は、数年考え抜いて、そういうイメージに固まった。撮影部に立候補されたい方は、「ブルバレ」をご覧になると、打ち合わせが早いと思う。

さてレンズリストは以下のとおり。

広角は2つ
———————————————————-
(35mm換算 24-70mm F2.8)
パナソニックLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.

(35mm換算 35mm F0.95)
コシナフォクトレンダー NOKTON 17.5mm F0.95
———————————————————-

 

標準は1つ
———————————————————-
(35mm換算 60mm F1.4)
サムヤン35mm F1.4 Aspherical IF
———————————————————-

 

望遠は2つ
———————————————————-
(35mm換算 100mm F1.4)
キヤノンEF50mm F1.4 USM

(35mm換算 170mm F1.4)
シグマ85mm F1.4 EX DG HSM
———————————————————-

IMG_7928

 

偶然とは言え、標準が少なく、広角と望遠に集中している。もともと今回の映画は標準はそんなに要らないと思っていたので。

ただし、いろいろと性質が違う。

1:手振れ補正、オートフォーカスが有るのは、パナレンズのみ。ただし暗いF2.8である。

2:シグマは強烈に大きなレンズで重すぎる。

3:レンズに絞りリングが付いているのは、サムヤンとコシナ。

4:KIPONアダプターに絞りリングが付いているのは、シグマとキヤノン。

5:絞りリングがないが、パナは本体で露出を絞れる。

6:ピントリングの向きは全て同じ「左へ回すと無限遠」である。

7:ちゃんとしたマクロレンズがない。コシナがややマクロっぽいけど。

8:フィルター径が2グループ。58mmはパナ、コシナ、キヤノン。77mmがサムヤン、シグマ。

まあF2.8でも暗いレンズというのがミソ。広角はピント合わせが一番難しいので、パナのマニュアルフォーカスアシスタントを使ったり、オートフォーカス使ったりして合わせれば、操作は一番楽かも。唯一ズームもできる。フィルター径が2グループなのは、NDフィルター管理が楽になる。ピントリングも同じレンズばかりで良かったと思う。

すべてのカメラは一脚で撮影する予定。これは、微妙な手ブレ感を残したかったのと、ピント合わせの際に起きる回転操作ブレを抑制したかったから。一脚には、パン棒の付いた雲台を取り付ける予定。ただし、広角レンズの時は、パンはやらないつもり。望遠で役者のアップを撮影している場合にはパンはOKにする。あとは液晶モニターを付けるかどうか?これはスタッフに任意でと思う。ピン合わせをする時に、どうしたいか?それは練習で決めていきたい。一脚なので取り付けても重量バランスには問題ないが、気が散る場合があり、やってみないと分からない類だろう。

 

(今後の課題)
マクロレンズ、オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroは必要か?

最大の課題は、撮影部が一人も居ないという事態である。いやはや困った。是非、やる気のある方、応募お願いします。

 
2件のコメント

投稿者: : 2013年2月9日 投稿先 進行, 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

ワークフロー現状報告

今回、群馬ロケハン映像を編集し、カラコレする際に、前述していた通り、PrとAeを使用した。いろいろワークフロー検証も出来たと思う。

ロケハン映像

中之条町ロケハン動画 from K.SHIRAKAWA on Vimeo.

まずは、GH2ハックファームは、bkmcwdさん開発のvalkyrie_444最新版を使用した。データは高ビットレート140MbpsのMTSとなり、編集フォーマットとしてはマシンパワーが必要になる。現在は、編集ソフトは多くが直接MTSを読み込めるようになってきている。私は以前は5DtoRGBを使って、ProRes変換をしてきたが、大量の素材だと、変換に半日以上掛かる場合も有り、変換なしのワークフローが必要になった。

私はAeでカラコレしたいので、編集シーケンスを、そのままコピペ出来るPrを選んだ。PrもAeも、現在は64ビット動作し、多くのメモリを積み、高速なRaid構成のHDD、またはSSDを積めば、とても作業が早くなる。ただ、私の現状は、数年前のiMacを持っているだけなので、PrでのMTSリアルタイム再生さえも困難。なので、近日、新しいMac購入し、SSD構成も考えている。Aeでのカラコレも今の環境では遅すぎる。今回の5分弱のロケハン映像のレンダリング時間は13時間だった。これじゃアカン。。。

最近の動きとしては、ThunderboltとUSB3にそれぞれ繋いだ場合の実行速度がほぼ変わらないか、UASP対応であればUSB3が勝る事態になってきている。Thunderbolt最強伝説はどうしちゃったのよー。汗

(ただし、現状ではUASPモードの外付HDDケースはどれここれもシングルタイプで、複数のHDDを積めるものが発売されていない。理想的なのは、UASPのUSB3接続&複数のSSDをraid構成が簡単に実現できるHDDケースの登場が待たれる。)

USB3は、多くのMacでは4つポートが有るのも大きい。SSDでRaid組んでUSB3に繋いだ場合、600MB/s前後にもなる。古いマックでせっせとHD編集している私から見ると、もう神の領域。きっとウチは70MB/sくらいのはず。。。

USBポートが4つあると言えば、格安のMacminiが有る。しかし、グラフィックボードがオンボードのCPU依存型なので、どの程度、編集に影響するのか未知数。調べてもよく分からない。エンコが早くなるとか、3Dゲームするならグラボには金かけろって記事は多いけど、映像編集にどの程度効果があるのか分からない。アドビのグラボサポートあたりを読んでも具体的に書いてなかったりする。困った。。。まあ、Aeとかリアルタイム再生とかには恩恵有るだろうとは思う。

そして駄目押しは、Macminiは、メモリも16GBまでしか積めない。うーん、ここは、最新のiMacで32GBメモリ積んだ方がいいのかも。グラボもアップグレード出来るので。MACPROはそろそろ出るとか言うけど、どうなんでしょう?最近のアップルは映像業界、音楽業界への仕打ちが最悪で、みんなアップルを見限ってきている流れだよね。(そういうアドビもプレミア7開発中止を以前強行した。私はプレミア2からのヘビーユーザーだったのに、あの時はショックが大きかったし、FCP移行も大変だった。でも今度は引っ越し先のアップルにヤラれ、またPrへ出戻りするとは。)

ということで、なんだかんだで、ワークフローは以下に決定。

以前、記事に書いていたPrからシーケンス書き出してAeに持って行き、カラコレ後、PrにまたAeシーケンスを戻す16bit色深度維持ワークフローはやめました。普通にPrシーケンスをコピペする方が簡単で、各クリップがAe上でも独立してるので、カラコレ時に細かくクリップ間の差異を修正出来ます。その後、Aeからカラコレ済のProResHQを16bit色深度以上で書き出しして、もともとの素材編集していたPrシーケンスを別名保存し、その映像部分をこのProRes映像に置き換えることで、動作の速いPrシーケンスに変更。そして、軽くなったPrを使って、音声のミックスダウンとサントラ挿入、効果音追加、字幕追加をするのが効率が良さそうです。

追記:カンヌ映画祭ってブルーレイで応募出来るようになってたのね。35ミリプリント以外はお断りってやめてたのね。

 
2件のコメント

投稿者: : 2013年2月9日 投稿先 テスト映像, 編集

 

タグ: , , , , , , , ,

中之条町ロケハン_その4(ラスト)

midashi04

 

(その3から続く)

今回のロケハンまとめで、ロケハン映像をアップしました。GH2ハックで照明なしで撮影しています。映画用のカラコレ済ですので、完成する映画の雰囲気は伝わると思います。どうぞ、ご覧下さい。

中之条町ロケハン動画 from K.SHIRAKAWA on Vimeo.

 

(備考)私が雪山なのにNDフィルタを持ってくるのを忘れていて、露出やシャッター速度でなんとか無理くり撮っています。被写界深度がやや深く、ネットでご覧になると縮小画面ではジリジリが輪郭線に発生すると思います。フィルタ忘れて、超焦りました。。。

音楽は、ミックスダウンはしてませんが、収録したばかりの映画テーマ曲「ヴォカリーズ」です。野山の映像にぴったりです。

GH2は、bkmcwdさんのvalkyrie_444の最新ハックファームです。撮影中も安定していて落ちる事は有りませんでした。ビットレートが大きいので、95MB/sのSDカードを使用しています。

そうそう、近所のダム湖行きました。とてもブルーの印象的な湖です。周りの山道も素敵で、使えそうです。

 

ダム湖周辺ギャラリー

 

最後に、暖かくロケハンにお付き合いいただいた、中之条町企画政策課 唐澤主任、設楽さんへ感謝いたします。

 

(重要)映画ロケハンを考えている皆様へ
ロケハンは、撮影場所への最初のコンタクトになります。印象を悪くしないよう注意しましょう。特に、勝手に立ち入ったり、ゴミを置いて行くなどの行為は許されません。撮影時も、多くの写真を撮り、現状復帰して返却する事が重要です。撮影チームとスタジオとの中間に立つ担当の方との連絡を密に取り、きちんと信頼を築きましょう。中之条町は、どんどん人に来てもらう政策をとっているのだと思います。お互いに助け合い、優しい気持ちで臨むべきです。このロケハンレポートがお役に立ちますよう願っています。

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月9日 投稿先 テスト映像, 進行, 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

中之条町ロケハン_その3

midashi3

 

(その2の続きです。)

旧栃窪分校が、あまりにも良い雰囲気だったので、ちょっと遠い群馬だけど良かったと一安心。企画政策課唐澤主任と設楽さんに連れられて、今度は伊参スタジオへやってきました。

ここは、元中学校で、現在は、1階が「眠る男」「月とキャベツ」などの展示スペース、2階が教室スタジオスペースになっています。中之条町でロケする映画陣の為の宿泊施設にもなるとても便利な場所です。お風呂、トイレ、台所、お布団まで完備。これって凄い事なんじゃないでしょうか?ロケ費用が浮きまくります!地元の支援が充実しまくりです!!

この伊参スタジオは、秋には中之条ビエンナーレの会場にもなります。数多くのアート作品が展示されます。冬には、伊参スタジオ映画祭が毎年開催されています。体育会で、これまでの中之条町ロケ作品や、中編短編のシナリオ大賞作品が上映されるとの事です。文化の花が、群馬の山奥の街に花開いています!素敵な展開だと思います。

 

伊参スタジオギャラリー

 

ちなみに、この伊参スタジオは、電気周りは60Aも有りました。さすが、映画スタジオですね。ちなみに、1月から3月は週末しかスタジオは一般人を入れないそうです。雪があるのと、水道周りが凍結しているからだそうです。お風呂場の蛇口が外されているのは、そういう理由。

このスタジオの椅子や机を、栃窪分校へ運ぶ事も可能みたいなので、すごく助かります。

ここで唐澤主任と設楽さんとお別れし、ロケハン後の伊参スタジオは閉鎖期間なので、宿泊出来ません。近所の沢渡温泉へ一泊。ロケハンの疲れを癒しました。

 

翌日は、近所のダム湖を散策します。(その4へ続く)

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月9日 投稿先 進行

 

タグ: , , , , , , , , , ,