RSS

カテゴリー別アーカイブ: 映画レビュー

ローグワン ネタバレ考察

いくつかの考察をメモしておきます。皆さんの理解のお役に立てれば。

1 冒頭のいつもの文字が宇宙空間を流れない理由。

この話は、記録の残っていない話だからです。スターウォーズはそもそも昔話なのです。今回は、記録にも歴史に残っていない無名のレジスタンスの話ですよ。ということです。

2 アジア人の登場させる意味。

中国では、スターウォーズ興行成績が悪いです。それはスターウォーズ4が当時劇場公開されていないからです。その為に、今回のスピンオフ企画が立ち上がっています。

3 黒いトルーパー。

ダースベイダー黒とストームトルーパー白の対比を逆転させています。司令官白とトルーパー黒。司令官衣装はナチス式でした。

4 ジンの生い立ちがレイに似ている。

レイはフォース使いで歴史に名を残します。今回は、ただの人間で、歴史にも名前を残しません。その対比設定の為です。

5 ソウ・ゲレラ役立たず。

反乱軍はまだ組織化されていません。それを説明したかったのでしょうが、全くもってカットされるべきエピソードとキャラでした。ソウのような暗躍する反乱軍は、ジンがすべきことで、信念のあるキャラとしてジンを描くべきでした。エピソード5でも、帝国軍に寝返る国あったように戦争は混乱するのです。そしてその混乱をまとめるのが、モン・モスマのような政治家で、エピソード6では幅を利かせてましたね。モンがのし上がっていくのが伏線であるのです。

6 デススターは巨大なライトセーバーだった。

ライトセーバーの原料はクリスタルで青白い光を放つ。それがジェダイの色。シスのライトセーバーは人工クリスタルなので赤い色。今回は、天然のクリスタル鉱山まで出てきました。クリスタルをデススターに使っているのは驚きの設定でした。気持ち的には、デススターのクリスタルも赤い色が合っている様に思います。細かい設定ではクリスタルの種類は違うようですが、クリスタルはクリスタルです。

7 キャシアンが博士を射たないのは心理展開上で理解出来るが、何故、もっと射撃するべき司令官を射たない?

彼は、それが司令官と分からなかったのです。司令官だと分かれば、すぐに射つのですが、スコープからでは、偉そうな白い服のおっさんとしか理解出来ませんでした。観客には、それが司令官だと分かるので、おいおい早く射てよと思わせます。そのズレが、このシーンの脚本のツメの甘さです。登場人物の行動と観客の心理を同一にしておかないと。客観的視点はこのSWには不要です。緻密な知能戦ではないのです。(むしろ低能です。)

8 チアルートを強くするべきではなかった。

盲目の男が、戦場で弾に当たる事無く歩いていくというシーンを描きたいのは分かりますが、ジェダイやフォースを宗教のように信じる僧侶を強い棒術使いにもしちゃった事で、あの僧侶はジェダイ?信じればフォースも会得出来るの?みたいになってしまっています。戦術のみに強い頭脳派の僧侶にしとけば、ジェダイなのかしらという混乱は無かったのです。「フォース?魔法か?と言う棒術使いの強い男が、弾に当たらず歩いたフォースを盲信する友を目の当たりにして、少しはフォースを信じる様になったイイ話。」という設定と展開にしておけば良かったのです。盲目設定もなしで、ただ単に、フォースを盲信しているので、眼を閉じて歩いていったという展開が最適です。おい眼を開けろよ!バカ!ん?なんで?あれ弾に当たらねーじゃん!!という感じかな。ここでも脚本の単純化をして、キャラの役割分担を詰めておけば良かったのですが、残念です。

9 脱出する気まんまん作戦がいつの間に変わったの?

パイロットを宇宙船に残して脱出はお前に掛かってると言いつつ、最後は海岸線の見晴らしの良い所で死亡する2人。あんたらパイロットやらみんなが死んだのいつ知ったの?脚本変更して撮り直したのは分かるけど、整合性もどこかへ。ソウの時にデススターの破壊力出しちゃってるから、このシーンはもう観たよ感。ソウごと削除して、ここで初めてデススター破壊力をみせるべきよね。残念です。

 
コメントする

投稿者: : 2016年12月18日 投稿先 映画レビュー

 

タグ: , , , , , , , ,

ローグワン ひどい(ネタバレ)

スターウォーズを小学生から観て来たので、フォースと共に人生を歩んできましたが、ローグワンは撮り直しが多く脚本もめちゃくちゃで、かなり混乱している作品でした。スターウォーズと言えども監督の失敗がここまで影響するとは残念です。

はじめに言っておきますが、ラストの10分は完璧です。スターウォーズ史上最大の興奮があります。小学生の頃のあの冒頭の興奮と完璧につながります。レイアの微妙なブスっぷり。このお嬢様のブス力は悲劇をコメディに変えてしまう強さを持っています。希望とは、この悲壮な物語の転換をしてしまう無知のお姫さまキャラ登場だと思います。ジンの悲壮感とは大違いで救いです。(この見事なラストだけは映画史に残すべき。あとは忘れたい。。。)

そのラスト10分を除くと、あまりにもひどい脚本です。最近の観客はラストさえ良ければ、全て良かったという観客が多いので、そこに甘えているとしか言えません。このラストをカットしちゃうと、絶対にブーイング作品です。

まずは、生い立ち描写。悲劇にしたいが為の母親の無能っぷり。少女の悲壮感。父親が悪者ではないかという疑念をもっと抱かせても良いのに、善人確定描写。これでは、意外性も無く、家族は信頼するべきだという価値観に寄り添いすぎる展開も見え透いてしまい、後半に活かせません。

そして成長したジンは最初から囚人で何もしていない。救いに来た反乱軍の言う通りに、行動します。これもいただけない。ワクワクさせません。ここは、名前を変えて、反乱軍のひどい仕事をしてきたスパイとして登場させるべきです。そして、娘こそが、デススターの開発者である父親を抹殺する秘密の指令を受けるべきです。でないと、映画の中での主人公の葛藤や、選択、そして行動に、観客が引き込まれません。こういう選択して行動する女主人公こそ、スターウォーズには必要です。反乱軍のお使いで父親に会いにいくなんて最低。(←自分で探す行動力も無い。。。)父親を狙撃しようとしてやめたサブキャラの選択だけが光ってしまいました。このジンはすぐにその男にも同調してしまいます。はあ。。。。反乱軍に偉そうに演説しましたが、お前が言う?

そして無計画な設計図奪還作戦。みんなアホです。スターウォーズの軍事計画っていつもしっかりしているものではありませんが、それは最後に成功するから許されるんです。こんな全員死亡の無計画作戦で観客を感動だけさせようとするなんて。隕石群に突入して全員死亡させるハンソロ的な物語だったのでした。(成功しないとダメなんですおー。失敗するのが前提ならもっと覚悟を。)

そして、興ざめのサーバセンター。設計図のデータが大きいという説明。巨大アンテナで送信する?ハードディスクのような箱。でも送信後は小さくなり、最後はR2D2のメモリーに入るんですよね?だんだんと、データが小さくなる。そこに無計画に突入するという、ちょっと意味の分からない展開。命をかけるべき作戦でない前提。さらにおいうちをかけるように、ケーブルが足りないとか、マスタースイッチを押さなきゃとか。あたま大丈夫?

結局、能天気キャラが成功するでも無く、知的な展開も無く、少し程度の低い人々が死んでいくのを見せられただけでした。

ラストの完璧な展開は本当に素晴らしい。だからこそ、命を落とした人々には、その必然が欲しかった。運命を呪いながら、決断し成長し、命を落とす(活力も知力もある若い設定の)ヒロインが必要だった。こんな言われるままに行動し、さして自分では発見的な自分の人生も開拓していないヒロインがどうなろうと勝手にどうぞです。

小ネタは楽しめましたが、それだけの作品でした。もっと大切な物語をきちんとするべきでした。

 
コメントする

投稿者: : 2016年12月18日 投稿先 映画レビュー

 

タグ: , , , ,

スノーホワイトの妄想

(ネタバレはドバドバですよー。鏡関係。)

今夜は、「スノーホワイト」を鑑賞。もう完全にシャーリーズ・セロンの映画だ。主演は「トワイライト」のアイドルのクリスなんとかって女優だけど、全然、綺麗でもなんでもないテキサスの田舎出身のアゴブス顔。アメリカでしか通用しない顔。この映画は、その時点でもうセロンの良いようになっている。もう誰も止められない。。。映画自体は、またまた煮え切らない脚本。トロルやエルフやシシ神様が、最後にどどっと出てきて皆で戦うんじゃなかったの?ラストに何にも登場しないじゃない?王子様は行きずりの方なの?これでまたカタルシスが得られない。。。

さて、本題。一番美しくないと魔法は消えてしまうという設定は良かった。村の「私、美しいかも」と自意識の高いオンナ達は、自分で顔に傷を付けていたりとか、オンナ同士の戦いなのねと感心しました。

「鏡よ。鏡。」という呪文は、永遠にオンナの自意識を語る上で不滅の呪文。鏡を見るオンナは、その瞬間は、誰にも負けない美を持つものである。

鏡といえば、グレンクローズの「危険な関係」は見事な始まりとラストだった。うっとりと自分を見つめる満足そうな鏡の顔から映画は始まり、ラストは、化粧を落としながら悲観に暮れる薄汚く鏡に写るオンナの顔で終わる。鏡はオンナをものすごく語る小道具だ。

以前、鏡をモチーフにしたゲームシナリオを書いた時は、鏡に入ると性格が反転しているという設定にした。主人公は、性格が反転しても性格が変わらな平均値で特異点になってしまうのだ。鏡の世界で、性格のよい女の子と恋に落ちるのだが、ラストに、鏡が割れて、現実の世界に引き戻される。そして現実の女の子は、ひどい性格なのだと、悟ってしまう。主人公は、それでも彼女の働くコンビニに通う。コンビニの鏡に写る彼女の横顔に会いに行くのだ。「君は元気でいるの?」何ともしがたいラストだと思う。永遠の片思い。また鏡の世界に戻ろうにも、既に主人公は、「平均ではなくなり、成長してしまった」為に、進まざるを得ないのだ。。。

鏡といえば、私も自作「ヒダリ調教」で扱った。母親の遺品の鏡台が、家に届くシーンから始まる実験映画である。自分が親からこっそりとヒダリ利きを治されていたという企みを知り、元のヒダリなる自分を取り戻そうと儀式を行うカルト内容だった。悪なるヒダリ世界を開放し映画は終わる。トニーレインズに見出され、世界に紹介されるキッカケになった作品だ。

次回作「教室」でも鏡は大いに登場します。自分の体や顔を眺める主人公ミチル。ただれた顔を化粧で隠すシーンも有ります。ご期待ください。

 
コメントする

投稿者: : 2012年7月28日 投稿先 映画レビュー

 

タグ: , , , , , ,

ヘルター・スケルターの妄想

先日、ブルボンヌさん、ドリュー・バリネコさんらと「ヘルター・スケルター」鑑賞に行ってきました。すごく笑える良い作品でした。蜷川監督ってヲカマっぽい気がします。ちゃんと寺島先生やら桃井先生の使い方を心得てらっしゃる。寺島先生の「わたしもオッパイ出したい!」という女優魂もスルーされてたし、あの泣き顔最高でした。ヲカマしか笑っていなかったので、ヲカマ感覚ってやっぱり必要よって思いました。

(ネタバレは以下よりドバドバ…)

で、鑑賞後にどうも腑に落ちない感覚が捨て切れません。ようやく何に引っかかっているのか分かりました。「本来、表現すべきラストのカタルシスが得られなかった」からです。どうして得られなかったんだろう??ブルボンヌが言いました。「ラスト付近の片目を潰すのは、原作では、あんな記者会見で見せたりしてないのよ。現代風にアレンジしたのね。」と。それで、カタルシスに至る為の手順が欠けているんだなという結論に至りました。ここからは、私が作るならこうするわ!という妄想です。

カタルシスを得る道筋

1:表面の美だけの人間リリコとそれをとりまく俗悪な人間模様を描く。(ここはそのままでOK)

2:生まれながらの美を持つライバル登場。彼女はすでに絶望していて無常観を会得している。(ここもそのままでOK)

3:美にほころびが出来て、アザに包まれていくリリコ。化粧一枚で嘘の美に包まれる。まわりの人間関係も変質する。(少し、ここから掘り下げる演出。)

4:リリコを裏切る人間と守ろうとする守護者に分かれる。まわりの人々の本質がむき出しに。リリコは美の本質に気がついていく。(本質に気がつくのが重要。)

5:リリコは姿を消す。ライバルの娘が導かれるように地下へ。そこには新しい美に包まれたより強く輝くリリコが居る。(このへんの描き方が映画はヘタ。)

問題は、4と5である。親切な人が裏切り、冷たいかのような人が守護者になるという変化は明確にした方が良い。本質に迫るリリコの伏線になる。リリコがアザに包まれるシーンは重要。化粧でごまかせる美を捨てるラストをもっと強調すべき。ラストのリリコはもっとアザが進行して顔半分はアザの方が良い。烙印まみれのオンナが、見せかけの美を超越し、自らが美の化身を体現しなければ。そして、その為には、記者会見のような人が観ている場所での「浅はかな自傷行為ショー」はしてはならない。ここはあくまでも「真の美への開眼」を表現しなければならない。目を潰して、美を得る為の儀式でしか無いのだから、ここで映像のカタルシスを演出しないほうが良い。大勢の前ではなく、一人ぼっちの儀式をすべきである。で姿を消したリリコを発見するのは、ライバルの娘で正解だが、彼女がたどり着いた地下室での演出こそ弱すぎる。ここは、無常観を会得している天然の美の娘が、新しい美のカリスマリリコを、崇拝する最初のシーンでなければ意味が通じない。ただ地下室に降りて「あら」と見つけるだけの演出ではなく、リリコを見つけた瞬間にかすかに微笑み、「私よりも、また先を行くリリコ」との連帯感を得たほうが良い。それにはライバルの娘は「意味深に」微笑むべきだ。

美の本質をリリコが知るには、妹の整形変化を少し早く見せてあげるべき。その姿は自身の客観視に繋がる。アザに包まれたリリコは本当に美しい。美の本質を揺るがすシーンだと思う。何が美しいのかというテーマはここでフルスロットル掛けるべき。セックス描写はもっと醜く無様に描くべき。男優はケツは出せ。寺島先生も、見せかけの美の終着点として「老いてきているオッパイ」は見せるべき。

過剰な美の演出は、蜷川監督の真髄だけれど、ラストのカタルシスが足りないのは、その配分を間違ったからで、映像だけカタルシスの感を残してしまった。途中までうまくいっていたのに最後は若さ故か、微妙なさじ加減を疎かにした。エリカ様は、この映画のために産まれて、スキャンダルにまみれ、疎外された役者になったような気がするくらい、生き方が役にあっていた。この過剰な監督と疎外感のある女優が、この時期に出会い、この映画を作ったのは運命的でもある。一部を除き、素晴らしい映画だと思います。

ブルボンヌさんが、いろんな出来事の後に、辿りつくのが、二丁目的な場所っていうのも面白いわね。と言っていた。うん、確かにそうだわ。

追伸:映画「教室」のアザシーンなど、かなり共通点があるお話でした。美や老いをテーマにすると、そこは皆描くのよね。「教室」では、演出のさじ加減を間違わないようにしたいなと思いました。原作の「ヘルター・スケルター」読まなきゃなとも思いました。原作ってパワー有るのね。きっと。

 
コメントする

投稿者: : 2012年7月27日 投稿先 映画レビュー

 

タグ: , , , , , , , ,

「赤の愛」が何故、最後の作品なのか?

(ネタバレも有ります)

「トリコロール」をようやく三作品ちゃんと観ました。「青の愛」で止まっていたんです。映像美は凄いけど、死んだ夫には愛人がいたとか、死んだ夫の姑との関係がうまくいかないなど、オゾン監督の「まぼろし」でも観たし、フランス映画で多く取り上げられている話だったからです。もともとキェシロフスキ監督は大好きで、私自身の思想の練り上げ方にも似ていた部分があったので、残りの「白の愛」「赤の愛」は、観るのを少し寝かしといたんです。映画を観るのはタイミングが重要だと思っているからです。で、最近はウツ気味になり、思索するには丁度良くなりました。

「白の愛」は、デカローグの「ある愛に関する物語」の焼き直しに感じました。ラストなんか、そのまんまですもの。少し落胆しつつ、「赤の愛」を観ました。完全にやられました。神秘主義が復活していたし、何故、この映画を最後にすると言ったのかが、よく分かりました。

ここでトランティニャン(言いにくいので「トラちゃん」にします。)を目撃。なんと素晴らしい役者なんでしょう。と思っていたら、翌日観たブルーレイ「暗殺の森」の主役じゃありませんか。自分の中で、老人と若者の同じトラちゃんを連続で観て、さらに感慨深いものになりました。トラちゃんは、キェシロフスキ監督の体現でした。それは、ラストシーンから始まるのです。沈没したフェリーから脱出した数人の人々をテレビで観て、彼らの話を妄想するのです。それらが「青の愛」となり「白の愛」となります。「赤の愛」では、自分自身も登場します。老人は退役判事ですが、「赤の愛」では、司法試験に受かったばかりの若者が登場します。これは判事の若い頃とみるのが妥当です。判事は若い頃に恋人に裏切られたと告白するし、実際、この若者も恋人に裏切られます。判事は「夢のなかで、50歳の君と一緒にいた」と、主人公の女に告げますが、このあたりから、「赤の愛」を含めて、トリコロールという映画そのものが夢であり、夢のなかで観る夢が現実なのかもしれないという錯覚をもたらします。主人公の女性でさえも、もしかしたら夢のなかで判事に会っている?夢自体が未来の暗示?映画的な整合性がちゃんと説明されない箇所もありますが、その錯覚こそ、この映画の伝えたい部分であり、割れた窓から判事が外を見て何かを考えているのは、逆に私達が判事を見て何かを考えているのだという、見る見られるというか、思想が双方向になってくるゾクゾクする感覚を表出させる映画だと思いました。(今も、あの部屋から、現実の私達を観察している判事(監督自身のこと)が居るような気がします。監督はすぐに実際に亡くなり、あの部屋の住人になってるような気さえします。)

そういう思想の到達点に立ったからこそ、「もう映画を辞める」と言い出したのでしょう。映画は監督の思想を練り上げるものです。特にヨーロッパではそんな文化です。(残念ながら日本はそうなりませんでした。思想を練り上げる行為は「作家性」と呼ばれますが、日本ではやっかいなモノとして見られています。思想は娯楽には不要だと信じられ、業界人にその知識すら有りません。哲学文化が根付かないのです。)

追記:「赤の愛」では、3回、急にカメラがぐわーと動くシーンが有ります。とても神がかり的です。そのひとつに、判事が「美しい光線が…」と言い、2秒後に太陽に照らされた床が光ります。出来事の起こる前にセリフを言うのです。すごくこの作品をよく表しているシーンです。こんな神がかったシーンを作れるなんて素晴らしいと思います。自然に待っていてもなかなか訪れるものではありません。

追記:ハネケ監督といえば、観客の心をイライラさせる手法で、手玉に取る人で有名ですが、彼の最新作でもトラちゃんはいい演技をしているようですね。今年のカンヌは「老い」がテーマになっているような感じですが、巨匠たち自身が、老いてきましたので、そんな心境なのでしょう。トラちゃんがかなり萌え萌えです。(演技に色気がある人って素晴らしいと思います。こんな老人になっても。。)

↑たぶん、ボケた妻に語りかけているようなシーンかな。自作「眠る右手を」でも、映画の後半は、人間で居ることに悩み苦しんだ妻が、ある事件で白痴になる展開があります。主人公の夫(草野康太)は、聴こえていない妻に必死に語りかけます。何度も何度も。まるでそこに自分の存在を確認するかのように。しかし妻は応えません。それは「神の沈黙」を意味します。一方通行の祈りを捧げるしか無いのです。

それでも、人間は理解し合えるという(捨てられない浅はかな)希望を持っています。そして話しかけ続けるのです。沈黙が起きたからこそ、話すことを始めるのでしょう。理解し合いたいという気持ちが、ラストに持ち上がるのを観客にも感じて欲しかったのです。そのラストのために、映画自体は、駆け引きばかりを繰り返し、脱落する人々を描いているのです。

思想を練り上げるという映画文化を、日本からも誕生させたいですね。なんで、最近はこうなっちゃったんでしょう。。。

 
コメントする

投稿者: : 2012年6月25日 投稿先 雑談, 映画レビュー

 

タグ: , , , , , , , ,