RSS

カテゴリー別アーカイブ: 脚本

謹賀新年

gamen

「ようこそ、美の教室へ」の準備を本格化させます。

その前に、私の作品歴を見ながら、なぜ、この作品に至ったのかを漠然と考えていました。「ようこそ、美の教室へ」の核は何かについて、想いをめぐらしたのです。

『SPICA』までの作品は、すべて根本に、私の死への恐怖を抱えていたと思います。しかし『SPICA』を作る事と、同時期に現在の相方とめぐり合う事で、恐怖心を達観し、脚本を書けなくなってしまいました。立ち上げた会社も落ち着いたので、2011年から、また脚本を書こうとモガくのですが、どれも自分の中で、未消化のまま、題材は積み上げられていきました。

2012年、母親と自分自身が病に倒れ、美しかった母親が、心身ともに崩れていく様を体験し、自分自身も顔面麻痺で痛々しい存在となったのをキッカケにして、人間の儚さを実感し、また「何故、自分は作品を作るのか?」という根本に立ち戻る事となります。

性欲と芸術欲から得られる恍惚感を比較吟味したり、美しさの中に潜む死そのものとも立ち向かい、脚本を書き上げることが出来ました。

美しさも死も全て「繰り返し」の概念には敵わぬという事実、「繰り返し」こそ全ての中毒の正体であるという事実を、どう映像にすべきかと、練り上げていったものが、この「ようこそ、美の教室へ」であります。この様な意味の思索、神話的普遍性は、これまで日本映画が不得意としている題材であると思います。

それを提示したいと思うのです。それは、私や母の死が、作品に帰結するという私自身の願いであり、救いとなるものであるからです。

皆様、今年は、私にとって、一番重要な年になります。45歳になって、ようやく成し遂げようとする映画です。映画を作る者は、人生を掛ける作品が、その生涯に一本有るか無いかです。その現場に、どうぞ立ちあって、力を貸してください。

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月5日 投稿先 進行, 脚本, 雑談

 

タグ: , , ,

脚本レビュー

kyakuhon

福島拓哉(映画監督)
http://www.p-kraft.com/

タイトル通り、非常に美しい作品になると思った。さすが。そのへんのやつとはレベルが違う。映画という表現(アート)に命を賭けるのは簡単だが、ちゃんとその意味がわかっていてかつ才能があるやつは少ない。君の作品は明らかにこの世界の人々の心に役立つ。ホン読ませてくれてありがとう。早く観たいです。本当に。

入美穂(アジアンクィア映画祭ディレクター)
http://aqff.jp/

もの凄く、良かったです。もう本当に、言葉が見つからないというか、完璧だと思いました。ミチルの最初の授業、「美しいものたち」を語るシーンで、グッと惹き付けられました。ミチルの存在をこの映画に一気に刻み込んだ、という印象です。これだけで、この作品すごいぞ、と予感できました。完成度がすごく高いと思います。この脚本が映画になったら、本当にすごいことです。早く、観たくてたまりません。

小笠原伸(映像作家)

登場人物が再構築されて、個人的にはバランスがとても好きです。なかなか頭で映像化出来ないんですが、白川さんの中にはちゃんと必要な要素の映像イメージは出来上がっているんでしょうね。前半から後半に向かっての召されていく感じ?が気にいってます。前半の殺伐さと、後半の殺伐さの意味合いが違ってくる感じとか…主要登場人物が皆、コントラストがハッキリしてるなぁと思いました。役者さんでどう映えるのか楽しみです。

川連 廣明(役者)
http://ja.wikipedia.org/wiki/川連廣明

えげつないんですけど、その分、綺麗さが際立ったように思います。それが、僕には綺麗事で済ませたい人間の性のようで好きです。

 
コメントする

投稿者: : 2012年12月6日 投稿先 テスト映像, 脚本

 

タグ: , , , , , ,

「ようこそ、美の教室へ」脚本

ようやく、10月31日(水曜日)19時、新宿三丁目スタバにて、完成しました。この日は、早朝から、中野坂上のジョナサンで脚本書きを開始し、その後、西新宿のサンマクルカフェで充電をしながら更に書き進め、徒歩でずっと考えをまとめながら、三丁目スタバにたどり着いたのでした。変な外国人に何度か妨害されるも、なんとか完成まで集中しました。

今回の脚本は、まず友人のリオ君に読んでもらい、ファーストインプレッションに耳を傾けました。「分かりやすくなっている。より耽美的な印象を持つ。短い映像を繋げていきそう。悪いヤツに罰は与えないのね。」というものでした。懸念していた部分、分かりやすくしたせいで、テーマの奥深さは失われるんじゃないか、というのは感じなかったそうなので、安心しました。

もう少し、熟成させるつもりですが、それにはまだ何週間か必要ですので、現時点での脚本をお読みになりたい方は、ご連絡ください。

「人間の恍惚への中毒」と「美の存在」「死の存在」、それらを圧倒し包みこむ「繰り返しの概念」これらのアンサンブル絵巻になっています。

(追記)
前のバージョンの脚本「教室」の配布は終了とします。今後は、新脚本を一般公開することはありません。スタッフや役者を集めていく段階になります。

 
コメントする

投稿者: : 2012年11月1日 投稿先 進行, 脚本