RSS

カテゴリー別アーカイブ: 雑談

インターステラー ネタバレ

本当に素晴らしい映画でした。ガチSFは素晴らしいです。

(以下、ネタバレの疑問点メモです。)

アンハサウェイが冷凍睡眠に入り、地球に信号を送るという今後の予想が多いのだが、それは間違っていると思う。アンは、プランBを実行に移すはずだ。つまりは、アンの手元にある大量の凍結精子と卵子を使い人類再生を試みる。が、母体が圧倒的に少ないので、計画は段階的に実行される。まずは、アン自身のお腹の中で、女性を10人作る。男子は堕胎しなければならないルールを作る。そしてその女性達はさらに女性30人を産む。この時点で女性は301人。ここからは男子を産んでもいいとルール変更し、凍結精子と使ってもいいし天然の男子の精子でも良くなる。初代アンは死去。人類は復活を遂げていく。でも食料問題が解決されないかも。

アンが一晩眠り、今後どうしようかと考えていると、老人のマシューが現れるのかしら?

ブラックホールの中では、光速視界なので、光が粒のように砕けていた。質量のあるものは、引き延ばされ押しつぶされて崩壊すると思っていたけど、違うのか?あとで、調べてみよう。

時間が同時に存在するという概念ではなく空間表現は映画ではなかなか難しい。主人公は「愛」があったから、あの部屋に帰ったと言っていたが、強烈な娘への執着がなければ、あの本棚にはたどり着けなかったのだろう。愛は境界線を越えなにかの意味が有るとアンは語るが、意外と正解なのかも。多元というものは決して現次元では認識されない。質量を持たない何かとは思考なのか?質量のない何かが同時に多元に現れるということ?それが神の啓示的な事象になるの??(←ほら神秘主義的になっちゃうW)私たち三次元の認識力では本棚の境界線を越える事も観る事も出来ない。が、映画は描いてしまう。だからこそ、荒唐無稽に感じてしまう。が、目では画面を見ても、心であのシーンは感じるべきだ。あそこは認識できない空間なのだし。

重力操作の数式が完成しないと、宇宙ステーション建設は無理だったの?その理由が少し分からない。重力操作できても、完全な農作物育成への手がかりにはならないのでは?もし農作物育成が可能なら、農作物だけを衛星軌道上で育成すれば、人類は地球で暮らしていけるのでは?

農作物の感染での食物生育の危機、砂嵐による気管支の病気、が主な原因として描かれているが、コロニーでも新規の星でも、植物問題が解決しないと同じなのでは??植物絶滅による酸素不足もコロニーでは解決してるの?どうも移住に対しての緊迫度に説得力が無い気がする。

ブラックホール突入後のマシューちゃんは、何故、土星の衛星軌道上に居たのか?

ブラックホールとワームホールの関係は現在未知数。なので土星の近所のワームホールから抜け出たと考えられる。が、ブラックホールに突入した時点で、爆発的に時間は経過するので、120年後の宇宙どころではないはずなのだが、なぜか突入前の時間軸に戻り、宇宙ステーションに救助されている。不思議。

娘はいったい何歳?父親の信号を受け取った時点プラス120年。冷凍睡眠に100歳くらいで入り、父親が帰還したら起こしてね、すぐ死んじゃうけど。みたいな感じ??

多元では時間は同時に存在するから、観察は出来るけど操作は出来ないという設定。だけど、50年前に土星の近所にワームホールを造っているのは、誰の仕業?未来の人類とかなら、そもそももっと違う部分を操作するでしょ?そう考えると、やはりマシューちゃんが作ったと考えるのが妥当ではないか?じゃいつ造ったの?となると、過去の宇宙船の中のアンと手をつないだように、やはり過去に現れ何かの事象を引き起こしてるの??

1488065_844033112286256_5435971019071578963_n

 
コメントする

投稿者: : 2014年11月24日 投稿先 雑談

 

タグ: , ,

観客の範囲をどう扱うのか?

(ネタバレではないけど、「インターステラー」観賞後に読んでください。)観客は、その人生において、科学的な知識欲を育ててなかったら、この映画の科学的なシーンを荒唐無稽だと感じるだろう。そうなると人間ドラマにしか目が向かなくなり、まあ、それでも良かったという感想にはなると思うが、なんだかモッタイナイ。けれど、もともとが科学には興味がない人生なのだから何を言っても仕方がない。同じように、科学的な観点は、冷徹な哲学に通じる部分が有り、愛とは何かという問題的も本作では語るが、それを追求すると、神秘主義的な問答も起きてしまう。科学や数学や物理学を研究すると、やがて、とても恐ろしい「円」が見えてくる。理解不能なモノを冷徹に分析理解しようとしても、その「円」は、人知を超え、人間には神秘主義的境地をもたらしてしまう。あたかも神の領域と認識してしまい先に進めなくなる境界線だ。これも、やはり荒唐無稽と断じる人間を産み、そんな人生の人には、何を言っても仕方がない。「ようこそ、美の教室へ」にも真理を理解し、世界を支配しようとした物理学者が登場する。(生物学者に変更も考えてるけど、、)
さて、映画を作る時、これらの「何を言っても仕方のない人」をどう扱うのか?ここは、監督自身の領分なのだが、例えば、バカは放置するという立場もある。観客をバカと呼ぶなんてアカンという視点は、映画を娯楽ととらえればならではのモノ。批判をかわす為には、言い換えてみれば良いのか。監督は観客を信じている。とかなんとか。
最近だと、ライフオブパイを非常にすばらしいと思ったが、観客の批評は、それぞれの知性や知識からくるもので、それぞれが自分勝手で自己満足的で閉じている。「知識の海」の広がりもないし、ミクロ的な分析からマクロ的な宇宙を見いだすこともない。観客は、毎日の生活と喜びであふれ、「そんなコト」には興味を抱かない。また「何を言っても仕方のない人」が登場してしまう。
そうすると、万人向けという映画は存在しないのだということになる。
では、自分の作りたいモノを作るという振り切りは必要ではないだろうか?観客を信じるとかなんとか言っても、想定する観客枠は有限であるのだし。映画関係者的な観点は、商業アクションを軸にしているので当てにはならない。「インターステラー」を作りたいと言ってもなかなか動けない。映画は神聖かどうか微妙だが、映画関係者はまったくの俗物だと感じるのは、商業がもともと高見を目指さないアクションだからだ。それでも、商業の枠の中で、映画を作るというのは、なかなか大変だと感じる。チラシなどのデザインで真理を語り高見を目指すのと同じで、足かせは大きい。
などと、映画の作家性を商業的に利用する映画人の俗を少し考えさせられる「インターステラー」でした。観客もまた俗。俗と科学を融合する思想力はお見事だと思います。物語る力。

1488065_844033112286256_5435971019071578963_n

 
コメントする

投稿者: : 2014年11月24日 投稿先 雑談

 

タグ: , ,

苗場のユーミン

自殺で友を何人も亡くした自分には、2/13の苗場のユーミンは、衝撃的だった。母親をガンで亡くし、うつ病になった子供が、リクエストコーナーで、壇上にあがる。テーマは懺悔。子供は母親に有難うと言えなかった話をする。そして、母親はいつもクルマでユーミンを流していて、その子供は3歳でユーミンが好きになったそうだ。リクエストで悩む子供は、死んだ母親がカラオケでよく歌っていた歌か、クルマで一番最初に好きになった歌のどちらかを頼みたいと言った。ユーミンは、二曲ともフルで歌う。ずっと号泣する子供。カラオケの母親や、車のカセットテープが動いている記憶が、体験していない自分の心に映る。彼は感謝でユーミンを抱きしめ、何かを耳元で言っていたが、ユーミンがマイクを持ち、彼に、ここで宣言しろと言う。彼は、「自殺はしない。天寿を全うする」と、マイクを使い観客に宣言した。その後の苗場は彼の為のものだったと思う。そして、最後のアンコールで、ユーミンは、「青いエアメイル」を、彼の座っている方向をずっと向いて歌う。自分らには、背中を向けたユーミンだったけど、それが嬉しかった。「時の流れに負けないで」と歌うユーミン。

なんだか、今日のショーは何だったのかと考える。こういう内容も嫌いな人も居るだろう。けど、予想もしない観客のリクエスト。こういう展開で締めくくったユーミンは、いつもの観客との距離と違った面を見せたと思う。

心にしみた「ジャコビニ彗星の日」を聴きながら、自殺した友達を、思い出してます。

 
コメントする

投稿者: : 2014年2月15日 投稿先 雑談

 

タグ: , , , ,

マクロアダプターという選択

先日のマクロレンズ購入しようかと考えていたレンズ構成。はて、そういえば、キヤノンレンズの時はマクロアダプター買ったな。マイクロフォーサイズ用のマクロアダプターもあるんじゃないか?と探したらすぐに見つかりました。

で安いのですぐにポチッ。

マクロエクステンションチューブ(接写リング)

todokimashita

早速、テスト開始。まずは何も付けない状態でパシャ。

futuunozu-mu

いよいよ、実力を見せてやれ!マクロアダプター!!まずは基本からと思い、長さ調節は1を使ってみる。パシャッ。

a1

あれ、ピントが合わない。きっと長さ調整が1じゃダメなんだ。うんうん、じゃ2にしよう。パシャッ。

a02

そうだよね。ますますボケるはずよね。という事は3は全然ダメなはず。うーん、じゃ、長さ調節しなきゃイイのかしら。パシャッ。

a00

おお!ようやくピントが来ました。うんうん。安心しました。

nanimohasamazu

そこで、今度は、KIPONちゃんの再登場です。

2tusunoadaputa-

これでキヤノンレンズでマクロ出来るのか試してみようと思います。パシャッ!パシャッ!パシャッ!

50

35

おお良い感じ。アレ、もしかしたらKIPONちゃん自体が長い筒なんだし、どこまでマクロ出来るか試してみるべきだよね。パシャッ!

kiponのみ

アカン。長さが足りない。あ、そうだ、一番マクロっぽく寄れるNOKTONちゃんに、マクロアダプターって最高の出来になるんじゃないの??パシャッ!!

17.5

もともと寄れるレンズには合わないようです。。。。一番明るいレンズだったのに残念。

12-35

マクロアダプターのピント合わせ方は、基本的に、カメラを持っている自分自身が前後に動くしか有りません。それとこの安いアダプターは電子接点がないので、絞るにはレンズに絞りリングが付いているほうが便利みたいですが、でもマクロってボケ命なんだから、絞らずNDフィルターが必需品よね。

マクロレンズのいいところは、ピント合わせがレンズのピントリングで出来ること。接写もできるし、遠くも撮れる。やっぱり便利だよね。でも、数シーンを撮影するだけのためにマクロレンズを買うべきか?小道具や衣装やスタジオ代にまわすほうが「映画にとってはイイのではないか?」

とりあえずは、マクロアダプターでなんとかしようと思います。

備考:クローズアップフィルターは画質が低下するっていうけど、どうなんでしょうね。NOKTONちゃんに付けちゃえば幸せになれるのかな。。。(遠い目)

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月13日 投稿先 進行, 雑談, 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カメラ機材が揃う。

GH2_3dai

ようやく、GH2が3台揃いました。今回の映画のメインカメラです。こんな小さなカメラで、映画を撮るって不思議な感覚。

でも、すごい実力なんです。もちろん、通常の使い方はしません。すべて、ハッキングして高画質にします。120〜140Mbps位の超高ビットレートです。

GH2ハッキングの聖地(利用するなら寄付しましょ。)
http://www.personal-view.com/talks/categories/hack-top-settings

GH2ハッキング方法(一番分かりやすい。)
http://www.raitank.jp/archives/8708

GH2ハッキング開発の拠点(新しいファームが有志により開発テストされています。最新のものをチェックすればいいと思います。)
http://www.raitank.jp/forum?mingleforumaction=viewtopic&t=14

GH2は、コントラストが高いという欠点はありますが、照明を工夫すると、Zacuto主催の覆面カメラテストでは、Arri AlexaやSony F65、RED Epicなどの強豪を抑えて高評価を得ています。
http://www.zacuto.com/shootout-revenge-2012/revenge-the-great-camera-shootout-part-two

NoFilmSchool-Zacuto-Camera-Shootout-Results1

この覆面コンテストの全貌は、おなじみのRaitankさんの方で御覧ください。

第一回
http://www.raitank.jp/archives/11457
カメラ予想
http://www.raitank.jp/archives/11506
第二回(驚愕の結果発表)
http://www.raitank.jp/archives/11964

私もこのカメラ予想に参加しましたが、全然、当たりませんでした。業務機って触ったこと有りませんしね。。。笑。

またパナソニックの欠点である「ホワイトバランスが緑色成分を含む」という面も、カラコレすると、品のある色合いになると、経験上分かってきました。

とにかく、この小さなカメラ3台で、世界に発信できる映画を撮りたいと思います。

追伸:で、こんな数百万円の業務機を抑えたカメラのお値段ですが、ななな、なんと、3万5千円(ボディのみ)で、ビックカメラで購入できました。もちろん5年保証付き。というのも、最後の在庫だったからです。ヤフオク新古最安値よりも安く購入できました。奇跡だわー。映画の神様に感謝!!

 
1件のコメント

投稿者: : 2013年1月30日 投稿先 進行, 雑談, 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

短編「シャルロッテ姫」

syaru

「変な空だな。」

流れる雲が異常に早いのを、和男は眉間に皺を寄せながら呟く。少し不機嫌な時の皺は、ここ十数年の間に深さを増していき、40代前半の和男の顔をすっかり年老いて見せていた。3時からのミーティングが不調に終わり、和男はビル2階のスタバに避難していた。最近、よく避難するようになった。若い頃は、仕事中にお茶するなんてと思っていたが、管理職になると、避難することも大事なのだと思うようになった。最近入った新しいバイトの女の子にコーヒーを注文し、赤いランプの下で受け取り、窓際のカウンターに腰掛ける。窓の下には、デパート帰りの主婦達が、買い物袋を下げながら、道を魚のように流れていく。漠然と幸子の事を思い出す。大学生の頃に出会った幸子は、「これはプラステックの真珠なのよ。」と偽物の真珠が目を引く女の子だった。決して美人ではないが、真珠のよく似合う和風の顔立ちで、和男は、いつか本物の真珠を買ってやろうと思った。やがて結婚し、初めての子供が産まれた時に、すやすや眠る幸子の枕元に、本物の真珠の首飾りを置いたりもした。和男は窓にうっすらと映る自分自身の姿を確認し、溜息をつく。幸子との恋愛は終わってしまった。同じ屋根の下で暮らしているのに、会話も少なくなったし、真珠の首飾りも箪笥の奥に仕舞われたままになっている。3人の子供たちは、どこかよそよそしい気がする。親と子どもの関係ってこういうものなのかと、かすかな失望もしていた。突然、窓に映る自分が泣いているように錯覚した。それは窓に水滴がついて流れていたのだ。だんだんと景色がどんよりし、カウンターの木の色が変わっていく。ふと窓とカウンターの隙間に沢山のホコリが詰まっているのに気がつく。きっとあの新人バイトのせいだと悟る。客商売というのは、センスだと思った。こういう事に気がつくのかどうかを、他人に言われないとダメだなんて。窓にはどんどん水滴がついて、塊になると、流れていく。「変な空だな。」

ホコリの中に、黄色っぽい何かが混じっていた。それは何かの眼のようにも見える。よく見ると、小さな蛾の死骸だった。ビルの2階のスタバに、よく迷いこんできたものだと思った。あの赤いランプに誘われたのか?蛾の羽には眼のような模様がある。鳥から身を守るために、擬態をしているのだと何かで読んだことがあった。雨の音が強くなっていく。和男は、はるか昔の忘れていた場面を思い出した。あまりに急だったので、少し驚く。

和男がまだ小学2年生の時、窓辺に置いてある薔薇の鉢植えに、蝶蝶のサナギを母親が見つけた。母親は、なんて素敵なことでしょうと、和男と共に、サナギが割れるのを待ちわびた。和男は、子供の頃は、体が弱く、いつも家の中で遊んでいた。和男にとって、母親は、遊び相手でも有り、教師でもあった。そんな母親が、まるで乙女のような顔をするので、和男は少し興奮していた。母親はヲンナなのだと気がついたのだ。やがて、サナギは割れる。綺麗なしっとり濡れた体が現れると、母親と和男は恍惚となった。その3時間後、母親は冷たい表情になり「なんだ、蛾じゃないの。損した。」と立ち去ってしまった。和男は、自分に言われた気がして戸惑う。残された和男は、蛾を見続けていると、みるみるうちに、フワッとした毛で覆われていく大きな体の昆虫に目を奪われた。扇型の羽が広がっていき、そこには和男を見つめる眼が開かれた。見つめ合っているかの様な気がしたが、和男は目を離さない。羽は黄金色で美しかった。鱗粉は、様々な色彩の虹色を輝かせる。母親が台所から、そんな蛾は早く捨ててしまいなさいと言っている。和男は、まだ飛べぬ蛾を、手に留まらせる。小さな6本足で指を掴まれた和男は、その感触が気持ちよかった。裏の自転車小屋まで蛾を連れて行くと、自転車のハンドルに蛾を留まらせる。ハンドルを伝っていく姫は、羽をバタバタさせ、虹色の鱗粉を振りまいている。「君の名前はシャルロッテ姫だよ。とっても偉いお姫様なんだよ。明日、また会いに来るからね。」自転車小屋の鍵を掛け、和男は戻っていった。

翌朝、和男はシャルロッテ姫に会いに行くと、姫の姿はどこにもなかった。鍵は掛かったままだったのに。その日の午後、大雨になった。和男は、姫がどこかで濡れて立ち往生しているのではないかと心配した。

すっかり、あんな蛾のことなど、忘れていたのに。和男は、急に子供の頃に戻った感覚に驚く。もう母は亡くなってるし、何度も引越しをしたのに、あの自転車小屋の事も、細かく思い出していた。

「シャルロッテ姫、あなたは何処に行かれたのですか?」

そろそろ会社に戻らないと。ミーティングの続きをして、軌道に戻さなければ。早起きして、妻の枕元に、偽物の可愛い真珠の首飾りを置いてみよう。和男は立ち上がり、コーヒーカップを戻し、新人のバイトに昆虫の死骸のことを教え、エレベーターへ。

「本当に変な空だな。」

いつしか雨はやみ、誰も気が付かない虹が掛かっていた。

追記:年末に、友人の庭先でサナギを破った蛾の話を聴いて、なんだか懐かしい衝動が起き、ささっと書きました。大人になると無くしている「何か」について。

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月7日 投稿先 雑談

 

タグ: ,

謹賀新年

gamen

「ようこそ、美の教室へ」の準備を本格化させます。

その前に、私の作品歴を見ながら、なぜ、この作品に至ったのかを漠然と考えていました。「ようこそ、美の教室へ」の核は何かについて、想いをめぐらしたのです。

『SPICA』までの作品は、すべて根本に、私の死への恐怖を抱えていたと思います。しかし『SPICA』を作る事と、同時期に現在の相方とめぐり合う事で、恐怖心を達観し、脚本を書けなくなってしまいました。立ち上げた会社も落ち着いたので、2011年から、また脚本を書こうとモガくのですが、どれも自分の中で、未消化のまま、題材は積み上げられていきました。

2012年、母親と自分自身が病に倒れ、美しかった母親が、心身ともに崩れていく様を体験し、自分自身も顔面麻痺で痛々しい存在となったのをキッカケにして、人間の儚さを実感し、また「何故、自分は作品を作るのか?」という根本に立ち戻る事となります。

性欲と芸術欲から得られる恍惚感を比較吟味したり、美しさの中に潜む死そのものとも立ち向かい、脚本を書き上げることが出来ました。

美しさも死も全て「繰り返し」の概念には敵わぬという事実、「繰り返し」こそ全ての中毒の正体であるという事実を、どう映像にすべきかと、練り上げていったものが、この「ようこそ、美の教室へ」であります。この様な意味の思索、神話的普遍性は、これまで日本映画が不得意としている題材であると思います。

それを提示したいと思うのです。それは、私や母の死が、作品に帰結するという私自身の願いであり、救いとなるものであるからです。

皆様、今年は、私にとって、一番重要な年になります。45歳になって、ようやく成し遂げようとする映画です。映画を作る者は、人生を掛ける作品が、その生涯に一本有るか無いかです。その現場に、どうぞ立ちあって、力を貸してください。

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月5日 投稿先 進行, 脚本, 雑談

 

タグ: , , ,