RSS

タグ別アーカイブ: 収録

才能を集めるということ

昨夜、久しぶりに音楽の収録をしました。オペラは4曲目になります。今回は「Del Cabello Mas Sutil」です。これは四季折々の冒頭シーンで、主演のレイチェルさんに口パクで演じてもらう舞台シーンに使われます。美しい曲です。今回は、ソプラノのアッコさんに、急遽、「歌っている顔を撮らせてー!」と頼みました。突然の申し出で失礼しました。汗。ピアノのマリさん他、収録に携わったゴリさん、皆さんに感謝です。

さて、現在、かなりゆっくりですが、映画の役者や音楽が少しずつ決まって、映画のパーツが見えてきた感じです。といっても、まだ全体像が具象化したわけでは有りません。この楽曲の強さが、どんどん核として動いてくれると思います。主演のレイチェルさん、航さんの参加も、大きな弾みになってくれると思います。そうやって、核のある粒は、雪だるまのように次第に大きくなり、一人では作れないものが創られるのだと思います。映画は、中心たる私一人の力も大切ではありますが、集まる才能を、どう組み合わせ、共鳴させ合うのかこそ、重要なのです。

レイチェルさんが主演に決まったことで、私自身も大きな感化を受けています。話に膨らみが出て、エピソードも増えそうです。冒頭のトイレシーンも少し変えています。音楽や脚本が、また再構築されていき、よりよい完成形へ向かっていきます。私個人の範疇を飛び越えて、作品が自分の力を持ち、いろんな参加者と影響を与え合って、大きく強くなるのです。クランクインまで時間がありますが、その時間を熟成の期間にしなければなりません。これまでの経験でも、最初の立ち上がりは苦労しますが、一度、人が集まりだすと、大きなウネリがやって来ます。脚本に手を加えつつ、そのウネリを素晴らしいモノにしたいです。

オペラという、これまでどう作っていいのか分からない楽曲は、かなりの挑戦でしたが、この音楽たちを軸にして、動きたいと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2012年8月6日 投稿先 音楽

 

タグ: , , , ,

本日、オペラ収録日でした。

本日、久しぶりのオペラ収録日。歌ってくれているアッコさんの画像も今回はyoutubeに掲載します。曲名は「オンブラマイフ」で、テノール版の「オンブラマイフ」は、アンサーソングみたいな扱いになっています。先月のイントゥルテーナも彼女の歌唱です。アッコさんは、とても小柄で、面白い人物です。目の前で、音楽が完成していくのは、本当にスリリングで面白いです。映画や小説よりも抽象性を強く持つ音楽は、一瞬でより高みへと昇天します。リリスの産んだ素晴らしい宝です。

さて、現在、少しずつ人と会っています。制作をしたいとか、メイクをしたいとか、メッセージが来るようになっています。でも、まだ大きな流れになっていません。初心者の方が多く、メインパワーには力不足です。初心者でも、もちろん大歓迎ですが、やはり指示待ちになってしまうと現場が止まります。。

ひとつだけ、ビッグニュースは、音楽担当が決まりそうです。6月に海外から帰国されるのを待って、打合せしたいと思っています。素晴らしい音楽を作られる方です。一緒にひとつの作品を作ることになると思うと、とても嬉しいです。モノを作る人同士が力を合わせると、個々の領域を大きく飛び越えることが出来ると思います。なんとなく、それがイメージできるので、楽しみで仕方がありません。

資金繰りとスケジュールも決めていかねばと思いますが、プロデューサーを担当される方を探しています。自薦他薦は問いませんので、ご連絡下さい。脚本請求フォームから、メッセージを送ってくださいませ。すぐに脚本を送ります。

 
コメントする

投稿者: : 2012年5月7日 投稿先 音楽

 

タグ: , , , , ,