RSS

タグ別アーカイブ: 国際映画祭

オーディション開催考察

kodomo

少しずつだが、配役が埋まってきた。知り合いの役者さん、気になる役者さんとも個別に面談もしている。

そろそろ、オーディションに関して、進行しなきゃいけない時期に来ている。

1:オーディションする役柄を絞り込む。(ちと多すぎ)
  サトル 母親ルイ 愛人カズオ サルキチ校長
  祖母キヌ 患者タケオ 中年ババン 化身の少年

2:日程と会場選び。新宿か中野付近

3:ワークショップ形式で演出を数パターン試す。
  カメラ撮影もする。

4:配役決定か候補者なしか決め、再募集の有無を判断。

課題:大規模な募集をどう進めるか?(アイデア募集。現状は地味に掲示板カキコ。。。)
課題:1に関しては、気になる役者とは個別オーディションしていく。

kubi

クランクインは、この調子だと、やはり秋くらいだと思う。撮影期間は、まだ未定だが、主役は、秋から春までの期間必要。季節をどう盛り込むかでスケジューリングする必要があるが、まだそれは後回し。

エキストラは、現在、20名以上は登録済。あとはスケジュール次第であるので、もっと登録数を増やす必要がある。

サトルは主役の一人で、演技力と容姿が重要。軽はずみな気持ちでオーディションに望んでも、時間の浪費なので、決意を持って応募ください。特に、10代後半と20代後半を演じわけて欲しいのですが、20代後半のキャラは、過酷な人生を経ているので、中身は色々と達観しているので、別人格と捉えてください。年齢設定も40代前半に引き上げておいたほうが良いと思います。

配役された役者は、今年から来年春までは、人生を捧げてください。

furikaeru

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月22日 投稿先 進行, 役者

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

映画祭のグランプリ獲ります!

どんな展開になるのかと思われる方も多いと思います。まず、目標を明記しますが、ベルリン国際映画祭のコンペに出品し、グランプリを獲ります。他には、オランダとフランス、イタリアにも出品したい。

これまでも、ドイツ、イタリア、オランダ、カナダ、タイ、香港など多くの映画祭には、既に出品経験有ります。グランプリは韓国の映画祭で有りますが、他には無いです。この本作で狙おうと思います。

それだけの脚本になっていると思います。脚本段階でつけあがるのもどうかと思いますが、良い脚本です。

問題は、予算です。これまでの最高額は、愛知芸術文化センター出資の300万円ですが、今回は、ネット上でも投資を募ろうと思います。目標は600万円の予算です。

機材はすでに購入済みだったりします。大きなセットをひとつ組む必要があるかもしれません。

あと、特殊メイクチームが必要です。衰弱していくシーンがあります。

現状は、制作チームを作り、長い準備期間を経て、クランクインしようと思います。

 

 
コメントする

投稿者: : 2012年4月5日 投稿先 進行

 

タグ: , , , , ,