RSS

タグ別アーカイブ: 東京音大

オペラチーム解散なり!

一昨日、収録したラフマニノフ「ヴォカリーズ」です。映画「ようこそ、美の教室へ」の主題曲となります。映画中は、ソプラノなしのピアノ曲が様々なアレンジで登場する予定で、ソプラノ入りは最後を飾る曲となります。

「ヴォカリーズ」とは(wikiより)

    母音「アー」で歌われる溜め息のような旋律と、淡々と和音と対旋律とを奏でていくピアノの伴奏が印象的である。ヴォカリーズの性質上、歌詞はない。ロシア語の制約を受けないためもあって、ラフマニノフの数多ある歌曲の中でも、最も人口に膾炙した1曲となっている。また、さまざまな編成による器楽曲としても広く演奏されている。ロシア音楽に共通の愁いを含んだ調べは、この作品においては、バロック音楽の特色である「紡ぎ出し動機」の手法によっており、短い動機の畳み掛けによって息の長い旋律が導き出されている。鍵盤楽器による伴奏が、もっぱら和音の連打に徹しながら、時おり対旋律を奏でて、瞬間的なポリフォニーをつくり出しているのも、初期バロックのモノディ様式を思わせる。旋律の紡ぎ出し部分は、ラフマニノフが愛したグレゴリオ聖歌《怒りの日》の歌い出し部分の借用にほかならない。また、拍子の変更こそ散見されるものの、(ロシア五人組の特徴である)不協和音や旋法の多用を斥けて、古典的な明晰な調性感によっている。西欧的な手法や素材を用いながらも民族的な表現を可能たらしめているところに、ラフマニノフの面目躍如を見て取ることが出来る。

今回のオペラ収録を最後にオペラチームは解散になりました。約1年掛かりましたが、合計7曲のオペラを収録できました。右メニューのカテゴリーで「音楽」を選ぶと、全部聴けますよ。オペラチームは、東京音大をメインに5人チームでした。彼等の協力で、とても良い収録だったと思います。目の前で、音楽が作られていく、目の前でオペラを間近に感じられるという、贅沢な時間でした。とても貴重で幸せでした。

ti-mu

映画の準備しながら、また聴き込もうと思います。映画の世界観が伝わればいいなと思います。シナリオだけだと、すごーーーく殺伐としているので。汗。スタッフになる方々に、まず聴いてもらおうと思います。

本作「ようこそ、美の教室へ」は、詩の教室をめぐる性欲と死の映画になります。シリアスで過酷で甘美な世界観で、これまでになかった日本映画を目指します。。音楽収録は終わりましたが、映画の準備はこれからで本格化しています。今、超忙しいです。オペラの衣装やらロケハンやら役者さんとのワークショップやらドタバタしています。今年、クランクイン出来るよう頑張りますので、オペラチームの皆さん、暖かく見守っててください。

本当に有難う御座いました!お疲れさまでした!!!!

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月15日 投稿先 音楽

 

タグ: , , , , , , , ,

「夜と夢」

シューベルト「夜と夢」の概要(wikiより)
過ぎ去った美しい夜と夢に対する限りない憧憬を歌った、シューベルトのあらゆる歌曲の中で最も美しい曲の一つ。ロ長調で始まりきわめてゆっくりとしたピアノの刻みの上に、歌声部が極めて美しい旋律を歌う。この刻みを美しく響かせるのは至難の技で、20世紀を代表する歌曲ピアニスト、ジェラルド・ムーアは最も難しい曲のひとつ、と述べている。また、歌い手にとっては、限りなく続くレガートを保つための、高度なブレス・コントロールを要求される難曲である。中間部でト長調(ロ長調の六度の準固有和音調)への急激な転調があり、大きく感情が動くが、最初の静けさが戻って、美しく全曲を閉じる。

で、そんな静かな曲を、台風接近中の中野坂上で収録しました。スタジオじゃなく我が家での宅録です。もう雨は降り出していたんだけど、どんどん強くなる風が録音のジャマになるので、ドキドキでしたが、最初から完成度が高くて、収録はすぐ終わりました。

問題はピアノで、収録はMIDIキーボードでおこなっているのですが、その鍵盤のタッチが微妙で、繊細な響きを出すのに、すごく苦労させてしまいました。スミマセンです。

すごく好きです。美しい。なので、また無理を言って、映像の方も撮らせてもらいました。

撮影は、いつもの GH2です。ハックファームは、Valkyrie 444 TYPE-ZERO1を使いました。(最新のファームVer.も出ているので試さなきゃ!)AEでカラコレしています。照明当てているので、カラコレしやすかったです。

さて残す曲は、あと2曲!11月と1月収録になりそうです。最後の曲は6分超えの難曲です。

で、映画のタイトルを変更しようかと。新しいタイトル案は「美の教室」です。サブキャラをどんどん削っています。クラブシーンなども削除して、もっと主人公ミチルの内面的な世界を中心にしようかなと思っています。一度、完成稿としたのに、かなり大幅に変えるつもりです。というか、全部、書き直しです。関係者の皆様、少しお待ちください。

 
コメントする

投稿者: : 2012年10月1日 投稿先 音楽

 

タグ: , , , , , , , ,

本日、オペラ収録日でした。

本日、久しぶりのオペラ収録日。歌ってくれているアッコさんの画像も今回はyoutubeに掲載します。曲名は「オンブラマイフ」で、テノール版の「オンブラマイフ」は、アンサーソングみたいな扱いになっています。先月のイントゥルテーナも彼女の歌唱です。アッコさんは、とても小柄で、面白い人物です。目の前で、音楽が完成していくのは、本当にスリリングで面白いです。映画や小説よりも抽象性を強く持つ音楽は、一瞬でより高みへと昇天します。リリスの産んだ素晴らしい宝です。

さて、現在、少しずつ人と会っています。制作をしたいとか、メイクをしたいとか、メッセージが来るようになっています。でも、まだ大きな流れになっていません。初心者の方が多く、メインパワーには力不足です。初心者でも、もちろん大歓迎ですが、やはり指示待ちになってしまうと現場が止まります。。

ひとつだけ、ビッグニュースは、音楽担当が決まりそうです。6月に海外から帰国されるのを待って、打合せしたいと思っています。素晴らしい音楽を作られる方です。一緒にひとつの作品を作ることになると思うと、とても嬉しいです。モノを作る人同士が力を合わせると、個々の領域を大きく飛び越えることが出来ると思います。なんとなく、それがイメージできるので、楽しみで仕方がありません。

資金繰りとスケジュールも決めていかねばと思いますが、プロデューサーを担当される方を探しています。自薦他薦は問いませんので、ご連絡下さい。脚本請求フォームから、メッセージを送ってくださいませ。すぐに脚本を送ります。

 
コメントする

投稿者: : 2012年5月7日 投稿先 音楽

 

タグ: , , , , ,

2曲目オペラ「イン・トゥルティーナ」

昨夜、「イン・トゥルティーナ」を録音しました。自分が、入院したりしていたので、2月の「オンブラマイフ」以来の収録でした。また、男性テノールから、今度は、ソプラノになっています。これは、映画の構成上、その方が良いと判断したからです。練習の時は、「若いソプラノ」だなーと思っていましたが、収録時は、練習を重ねてくれたおかげ?か、凛とした輝きのある慈愛に満ちたソプラノになったと思います。

4月は、もう1曲、5月は、さらに2曲、6月に2曲、収録予定です。

音楽から入る現場も珍しいとは思いますが、これらのオペラは、女装口パクシーンに使います。ドラァグクイーン文化には、口パクで舞台に立つものがあります。それらを映画に取り入れているのです。この舞台は、16世紀のオペラ舞台演出を目指します。手書きの書割の中、優雅に歌うのです。白鳩とか白馬とか白鳥もいるといいんですけど、動物に関しては、未定です。笑

次第に、役者希望者、スタッフ希望者からのご連絡も多くなってきました。脚本の反応もいろいろ。すごく感激してくれる方も居ますが、中には「自分はゲイではないので、辞退したい。」「描写は抑えめにした方がいいのでは。」等という方も。まあ、いろいろ思うところは有りますが、それこそ交わることのない想いですね。

 
コメントする

投稿者: : 2012年4月13日 投稿先 進行

 

タグ: , , , , , , ,