RSS

タグ別アーカイブ: 脚本

謹賀新年

gamen

「ようこそ、美の教室へ」の準備を本格化させます。

その前に、私の作品歴を見ながら、なぜ、この作品に至ったのかを漠然と考えていました。「ようこそ、美の教室へ」の核は何かについて、想いをめぐらしたのです。

『SPICA』までの作品は、すべて根本に、私の死への恐怖を抱えていたと思います。しかし『SPICA』を作る事と、同時期に現在の相方とめぐり合う事で、恐怖心を達観し、脚本を書けなくなってしまいました。立ち上げた会社も落ち着いたので、2011年から、また脚本を書こうとモガくのですが、どれも自分の中で、未消化のまま、題材は積み上げられていきました。

2012年、母親と自分自身が病に倒れ、美しかった母親が、心身ともに崩れていく様を体験し、自分自身も顔面麻痺で痛々しい存在となったのをキッカケにして、人間の儚さを実感し、また「何故、自分は作品を作るのか?」という根本に立ち戻る事となります。

性欲と芸術欲から得られる恍惚感を比較吟味したり、美しさの中に潜む死そのものとも立ち向かい、脚本を書き上げることが出来ました。

美しさも死も全て「繰り返し」の概念には敵わぬという事実、「繰り返し」こそ全ての中毒の正体であるという事実を、どう映像にすべきかと、練り上げていったものが、この「ようこそ、美の教室へ」であります。この様な意味の思索、神話的普遍性は、これまで日本映画が不得意としている題材であると思います。

それを提示したいと思うのです。それは、私や母の死が、作品に帰結するという私自身の願いであり、救いとなるものであるからです。

皆様、今年は、私にとって、一番重要な年になります。45歳になって、ようやく成し遂げようとする映画です。映画を作る者は、人生を掛ける作品が、その生涯に一本有るか無いかです。その現場に、どうぞ立ちあって、力を貸してください。

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月5日 投稿先 進行, 脚本, 雑談

 

タグ: , , ,

新脚本と表現者の融合を!

今日は、脚本の書きなおしが、だいぶ進んだ。見事に再構築できていると思う。登場人物がかなり減ったし、展開も余白を残し、書きなおした。つまりは、役者の演技力や空気感での描写時間を増やし、寓話的な群像劇展開を、(物語過ぎないよう)抑えこんでいっている。予算的な問題も新脚本でクリアできそう。ラストは、新脚本の方が、映画の神様が降りてきていると思う。というか無理くり降ろしている。主役のレイチェルさんが決定して、いろいろと私の中で風が吹きまくっていたが、どうやらキチンと渦を巻き始めたようだ。(ハーリハーリハリケーーン)

日曜日に、レイチェルさんのダンスショーを観に行った。ストロングストイックストロベリーショーvol2というイベント枠のひとつで、「SMALLENNIUM 百万年の孤独」30分のダンスショーだった。構成がすごく良かった。ポラロイドカメラで客席のお客さんを撮影して(ドラァグショーみたいだが)、警戒している観客を下品に引き込んで、服を脱ぎ出す重々しい展開、そのまま、鬼気とした葛藤の表現へと流れていく。演劇的な要素もたくさん盛り込み、首藤康之さんのドキュメンタリーで紹介されていた「空白に落ちた男」をなんとなく思い出したが、すぐにレイチェルさんの表現しようとする動作や表情に集中できた。役を演じ表現しようとする時のレイチェルさんは神々しい。ダンスの舞台だと思っていたが、そんな全然ダンス以外の表現全体にいろんな思いを抱いた。

レイチェルさんの中で、もしかしたら、何かが始まったのではないかと感じた。表現者として新しいフィールドを見つけたのでは無いか?実はこっちの方がしっくりしてるとか?

舞台であるのだが、カメラでアップを撮影したい衝動もあった。ここは顔のアップでしょ!ここは手先を撮影したい!うーん、レイチェルさんの顔を撮りたい。神々しいその顔を。なんだか、映画に誘ったのは、タイミング良すぎたのではないかと思う。カメラで撮ることで、表現者から表出するものを記録できると思う。

さて、脚本を早く完成させて、レイチェルさんに挿入しなくちゃ。

 
2件のコメント

投稿者: : 2012年10月17日 投稿先 雑談

 

タグ: , , , , , , , ,

「夜と夢」

シューベルト「夜と夢」の概要(wikiより)
過ぎ去った美しい夜と夢に対する限りない憧憬を歌った、シューベルトのあらゆる歌曲の中で最も美しい曲の一つ。ロ長調で始まりきわめてゆっくりとしたピアノの刻みの上に、歌声部が極めて美しい旋律を歌う。この刻みを美しく響かせるのは至難の技で、20世紀を代表する歌曲ピアニスト、ジェラルド・ムーアは最も難しい曲のひとつ、と述べている。また、歌い手にとっては、限りなく続くレガートを保つための、高度なブレス・コントロールを要求される難曲である。中間部でト長調(ロ長調の六度の準固有和音調)への急激な転調があり、大きく感情が動くが、最初の静けさが戻って、美しく全曲を閉じる。

で、そんな静かな曲を、台風接近中の中野坂上で収録しました。スタジオじゃなく我が家での宅録です。もう雨は降り出していたんだけど、どんどん強くなる風が録音のジャマになるので、ドキドキでしたが、最初から完成度が高くて、収録はすぐ終わりました。

問題はピアノで、収録はMIDIキーボードでおこなっているのですが、その鍵盤のタッチが微妙で、繊細な響きを出すのに、すごく苦労させてしまいました。スミマセンです。

すごく好きです。美しい。なので、また無理を言って、映像の方も撮らせてもらいました。

撮影は、いつもの GH2です。ハックファームは、Valkyrie 444 TYPE-ZERO1を使いました。(最新のファームVer.も出ているので試さなきゃ!)AEでカラコレしています。照明当てているので、カラコレしやすかったです。

さて残す曲は、あと2曲!11月と1月収録になりそうです。最後の曲は6分超えの難曲です。

で、映画のタイトルを変更しようかと。新しいタイトル案は「美の教室」です。サブキャラをどんどん削っています。クラブシーンなども削除して、もっと主人公ミチルの内面的な世界を中心にしようかなと思っています。一度、完成稿としたのに、かなり大幅に変えるつもりです。というか、全部、書き直しです。関係者の皆様、少しお待ちください。

 
コメントする

投稿者: : 2012年10月1日 投稿先 音楽

 

タグ: , , , , , , , ,

脚本のリライト決断!

主演がレイチェルさんに決まった時、3時間くらい、ずっとセックスの話をしていた。セックスと言っても、役者と監督の絡み合いのコトなのだが、私が「これまでずっとオナニー映画を撮ってきた。最高のオナニーをするコトが絶対なのだ。」という話をすると、レイチェルさんは「私は監督のオナニーの手伝いをする気はない。私は、これまでパフォーマンスで観客とセックスしてきた。この映画では、観客は眼に見えない。私は監督とセックスをする。」という返しが来た。

とにかく、大切な決断してもらったからには、最高の映画を作る。で、今度は、レイチェルさんのミチルを想像してみる。

ミチルは美を追い求め敗北する。現段階の脚本ではあいまいだった「何故小説家の道を諦めて、詩の先生になったのか?」という点にも絡んでくる。んん?ミチルは敗北者か?

そのあたりを考えてると、レイチェルさんなら、負けまいと戦うはずだ。美に対しての復讐者。理解者でもあるが、復讐するために教壇に立っているのではないか??などと、妄想が膨らんできました。

それに、現段階では、ミチルは病を隠すために、後半で化粧をしますが、レイチェルさんの場合は、最初から女装しててもおかしくない。自分の美の価値基準があるはずだ。という初期設定すらも変化してきそうです。

こういう変質する脚本、妄想こそ、レイチェルさんの言う「セックス」なのかもしれません。

「なんというか、まがまがしい人物像が出来上がってきています!ヤバいっす!!」

本質の部分を考えながら、大胆に脚本に手を加えるべきだという結論です。お楽しみに。

 
コメントする

投稿者: : 2012年7月30日 投稿先 役者

 

タグ: , ,

花が散る

「教室」脚本のダウンロード公開中。
https://poetryfilm.wordpress.com/kyakuhon/(ダウンロードページ)

私の母は、美しいものが好きで、お金のある家ではありませんでしたが、よく花瓶に花を活けていました。書道や日本舞踊も好きで、師範免許も持っているほどです。いつも理知的で、私にとても影響を与えました。私は、2月に帰省しようとしていたのですが、顔の半分が動かなくなり、入院をしなければなりませんでした。その期間に、母が片足が腫れる病気になり、母も強制入院しました。足は2倍にも膨れたそうです。ようやく、私は、4月に帰省したのですが、もう母の姿はありませんでした。

母は、変わってしまいました。おばあさんの顔になり、行動もおかしいのです。父が掃除機をかけると、家の中を逃げ惑いました。掃除機の音が怖いと言い、わざと私を苦しめるために掃除をするのだと、家の中を走り、おおげさに体を丸くして震えていました。私は母に言いました。「掃除機におびえて、そんな行動をするのは変だと思わない?掃除しなきゃいけない時は、ベランダに逃げるとかして、掃除をしやすくさせなきゃね。」と。

母は、入院の時の話もします。お医者さん達は、私を実験台のように、問答無用で手術したのだと言うのです。そんな時は「問答無用に、すぐに手術してくれて良かったね。静脈瘤は時間との勝負だから、まな板の鯉にしてくれて良かったよ。感謝しないとね。」と答えます。価値観をさりげなく転換させようと私も必死でした。

母の足の静脈瘤の血栓が脳に到達しているのではないかとさえ思いました。人格の変貌は、とてもキツイ状態です。自衛隊あがりで家庭を顧みなかった父親は、しずかに母の面倒を見ています。一緒にオフロに入ったり、一緒の布団で寝たりしています。私には、父親の愛情を感じることがなかったので、この父親の行動には、とても感激しました。その父も、人工透析に通うようになり、両親らは、「もうすぐ居なくなること」を子供たちに伝えます。私の一家は、精神疾患の家族です。兄弟はすべて精神を病んでいます。私自身は、家族を捨て東京に逃げ、映画製作に没頭しましたが、最近は、とてもウツが辛い状態です。精神病をなんとかモノ作ることに、差し替えてきましたが、かなり追いつめられています。

「教室」の脚本自体が、私そのものののようです。花が散るのは仕方のないことですが、私の花は「教室」をきちんと映画にすることだと思っています。私にしか見えていない花も、きちんとした解釈で映像にしたいのです。

ここまで、映画に生かされ、映画に殺されるとは思いませんでしたが、私は、映画を作ることに逃げ込んだのですから、映画で落とし前をつけようとするのは自然の流れです。

 
コメントする

投稿者: : 2012年6月25日 投稿先 雑談

 

タグ: , ,

私達こそ「繰り返し」そのもの

「教室」脚本のダウンロード公開中。
http://t.co/4Q3CrqrA

「教室」では、多くの繰り返し描写が起きる。セリフだったり、シチュエーションだったり、傷だったり、差し込む光だったり、気が付かない細かな繰り返しも多数起きる。繰り返しとは、私達の事である。

死への恐怖も、生への希望も、全ては、繰り返しの中へ帰っていく。子供へとつながる命や、自殺が止まらないこと、毎日の生活、何度も体験する葬式、過去に死んだ膨大な人間たち、すべて繰り返しへと帰るのだ。

その繰り返しは、聖なるモノのような気さえ起こし、映画の中では、神話性を紡ぎ出す。「教室」の中の多くの繰り返し描写に、何か崇高な輝きを感じてくれるのなら嬉しい。作者として本望である。

「教室」には、季節の変わり目にオペラを使う。季節も繰り返し効果を産み出す。そして劇中には、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」が演奏編成を変えて繰り返し流れる。曲自体も繰り返し構造を持っている。

脚本を書く人、映画を作る人、作り手の皆さんにも、繰り返しの持つ味付けや、効果、力を考えてもらいたいと思います。「教室」の脚本を配布しています。是非、お読みください。

「教室」脚本のダウンロード公開中。
http://t.co/4Q3CrqrA

 
コメントする

投稿者: : 2012年6月13日 投稿先 進行

 

タグ: , , , ,

「教室」脚本のダウンロード公開

本日、「教室」脚本のダウンロード公開を始めました。プロデューサー募集をする為です。
http://t.co/4Q3CrqrA

最近のインディペンデント映画は、変わりつつ有ります。8ミリフィルムやDVで作っていた自主映画とは、大きく変わろうとしています。個人でも4K映画や無圧縮RAW映画を作れる時代です。機材に関して言えば、もうプロも自主も変わらなくなっています。低コストで、どんどん映画を作れる時代です。そうなると、くだらない映画も増えるでしょうが、次第に淘汰されると思います。

低コストで作れる時代だからこそ、一番ヒットするのは、誰も観たことがない力強い作品力を持つ映画です。テレビの延長、漫画の映画化に明け暮れている大手には、そのまま頑張ってもらって、低コスト現場では、それらとは一線を引いた「きちんとした映画」を見せていくべきだと思います。大手が作れない映画「残虐性」「非倫理的」「不道徳的」「重圧なテーマ」「衝撃的なドキュメンタリー」「個人の思いの強いテーマ」そんな切り口の映画を大量に作っていける時代なのだと思います。

大手からハミ出している志の高いプロデューサーには、そんなインディペンデント魂を持つ映画の現場を、牽引していただきたいと思います。

http://t.co/4Q3CrqrA

是非「教室」を成功させて下さい。誰も観たことがない力強い作品力を持つ映画です。

 
コメントする

投稿者: : 2012年6月1日 投稿先 進行

 

タグ: , , , , , ,