RSS

タグ別アーカイブ: jib

クレーン組み立てる

7月末にアメリカよりミニクレーンThe Glideshot portable 4′ craneを購入し、10日程で我が家に到着しました。作りは頑丈で素晴らしいです。

ミニクレーン(約1万円)←安すぎ!!送料が5千円するけど。汗
http://www.glideshot.com/products_camerajib.html

三脚は耐荷重量がなんと36kgの超安定三脚を購入しました。

超安定三脚(1万3900円)
http://camera-crane.net/?pid=41922300

三脚だけでは360度の回転ができないので、ベアリングマウントも購入しました。

ベアリングマウント(6400円)
http://camera-crane.net/?pid=41913584

で、合体!!!と思ったのですが、問題発生!!

ミニクレーンThe Glideshot portable 4′ craneを三脚側に取り付ける穴がなんと1/4ネジ穴だったんです!クレーンなんだから3/8だと思ってました。サイトにも記載はないはず。なんという痛恨のミス!

で、一番最初に考えたのは、変換ネジを使う安直な方法。しかし、合体しようとすると、変換ネジがポキッ!!クレーンの重量に耐えられませんでした。折れた変換ネジを取り出すのに、すごく苦労しました。リスクが高いので、やめた方がいいです。

次に考えたのは、クレーン側のネジ穴を3/8ネジ穴に、拡張しちゃうという手。が、ネジ穴の金属加工をする業者が見つかりませんでした。

最後に考えたのは、ベアリングマウントは、今回は使わないことにして、三脚には、360度スムーズに回転する雲台を3/8ネジで三脚に取り付けて、雲台の1/4ネジをクレーンに取り付けるという手でした。が、ここでも、問題が。

雲台のプレートに有る取り付けネジって、プレートから少ししか頭を出していないのです。これではクレーンを取り付けるにはネジの長さが不足しています。長いネジを探しまくりました。ヨドバシカメラやフジヤエービックさんにも相談したのですが、そんなネジは無いとのことでした。

で、結局、長いネジを作ることにしました。ホームセンターに行って、1/4ネジで長さが2センチのモノを購入し、それだけではプレート穴を通せないので、ダイヤモンドヤスリを購入し、せっせと根元のネジ山を削りました。見事な長い三脚ネジを作ることに成功しました!笑

すごーく遠回りしましたが、ようやく完成しました。雲台は501HDの後継雲台である502HDを使っています。カメラを取り付けるのにも502HDを使いますので、雲台2つというなんとももったいない感じです。502HDには、モニターアームを取り付けられる穴が空けられています。以前、L型プラケットでシンプルなDSRLを考えましたが、それも502HDの登場で改善されました。(このクレーンシステムで問題なのは502HDの耐荷重量が4kgだという点。クレーンを支えられてるけど、不具合でないかどうか?)

今回のクレーンは1メートルも長さはありません。クレーンというより、手ぶれ防止の雲台セットと考えています。クレーン的な動きは控えめだと思います。クレーン的な動きをさせるものは、後で購入する長いクレーンで頑張ろうと思います。

長いクレーン(2.4メートルで、オプション追加で3.6メートルの可能)
http://camera-crane.net/?pid=45233874

(最終判断)

さて、クレーンを使ったテスト撮影を始めなきゃと思い触り始めたんですが、なんだかイメージと違います。うーん、面白くないし、効果的な絵にならない。定常撮影に使おうと思いましたが、これじゃ1脚とかスライダーの方が操作ラクかも。スライダーは横方向、クレーンは縦方向には強いと思うけど。うーん、ちょっと映画の中での使いどころを考えてみます。(リグにハマりたくないのに、ハマってたのかな。これじゃL型プラケットを三脚に付けてた昔のほうが良かったのかも。反省。502HDも重いし。。。また考えます。あと、このテクニカルファームのモニターアームが、全然ダメで曲がりまくって固定できない。モニター重量が480gだから、アーム保持力2.5kgには全然足りてるはずなのに!!!ナンダコレ。。。)

 
コメントする

投稿者: : 2012年8月17日 投稿先 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , ,

クレーン購入ポチッとな。

映画「教室」の撮影で、今回どうしても取り入れなければならない手法、それはクレーン撮影です。海外ではJIBと言います。様々なクレーン撮影映像を見て、クレーンの醸しだす空気感がどうしても欲しいのです。で、1年くらいクレーンを探しまわっていました。最後まで悩んだのは、ProAmです。amazonでも手に入るし、eBayやヤフオクでも多く取り扱っています。ビデオサロンでも紹介されています。

ビデオサロン記事
http://www.genkosha.com/vs/goods/entry/post_227.html

このProAmはプロ機材ドットコムでも扱われていますし、北海道に正規代理店も登場しました。

プロ機材ドットコム
http://www.prokizai.com/cart/cart.cgi?log=MJ-50

北海道の格安正規代理店
http://camera-crane.net/

全て同じクレーンですが、値段がぜんぜん違います。北海道のお店が一番安いと思います。必要な機材を全部足すと合計7万円でした。

しかしもっと安い方法は、アメリカのアマゾンで購入する方法かなと思いました。で見積もりとると、、

なんと結局7万円でした。初期不良品のリスクを考えると、国内で買うほうが良さそうです。

しかし、ここで思いとどまることになります。ProAmの新作が発売されていたのです。デジタル一眼ムービーをターゲットにした新品でした。この新作は、ある問題点を改善していたのです。

うーん、このカタチ便利だけど、どっかで見たな。しかも格安で。。。。そうそれはコレです。オリビアちゃんのジブアーム紹介映像です。このオリビアちゃん、アジア系?の美人が、いろんな撮影機材を紹介しているシリーズっぽいのですが、まさにこのジブアームにたどり着きました。

で販売元のhttp://glideshot.com/products_camerajib.htmlへ飛びました。送料は問い合せてくれというので、メールで問い合わせると、本体130ドル位、日本への送料62ドルでした。日本円で送料込みで、なななななんんと、1万5千円なんです。(請求はペイパルなのでとても楽チン!)これに国内価格ですが、マンフロット雲台と、ヘビー三脚、ベアリングマウント合計しても、5万7千円です。さっきの7万円システムと同等なのに、かなり安くなります。しかも、ProAmの新型と同じ使い勝手は改善されています。

ポチッとイッちゃいました。1週間後には全部揃います!揃ったら使い勝手などをテストしたいと思います。お楽しみに!

追伸:今回探しているのは、1mクラスのクレーンです。撮影常用で考えています。2m40cm(オプション追加で3m60cmにも拡張可)のDVC210の購入はもう少し先です。

DVC210
http://camera-crane.net/?pid=45233874

GLIDESHOT 4′ Portable Jib – Test Shots from SHOTUP on Vimeo.

 
2件のコメント

投稿者: : 2012年7月26日 投稿先 機材

 

タグ: , , , , , , , , ,