RSS

タグ別アーカイブ: Nokton

マクロアダプターという選択

先日のマクロレンズ購入しようかと考えていたレンズ構成。はて、そういえば、キヤノンレンズの時はマクロアダプター買ったな。マイクロフォーサイズ用のマクロアダプターもあるんじゃないか?と探したらすぐに見つかりました。

で安いのですぐにポチッ。

マクロエクステンションチューブ(接写リング)

todokimashita

早速、テスト開始。まずは何も付けない状態でパシャ。

futuunozu-mu

いよいよ、実力を見せてやれ!マクロアダプター!!まずは基本からと思い、長さ調節は1を使ってみる。パシャッ。

a1

あれ、ピントが合わない。きっと長さ調整が1じゃダメなんだ。うんうん、じゃ2にしよう。パシャッ。

a02

そうだよね。ますますボケるはずよね。という事は3は全然ダメなはず。うーん、じゃ、長さ調節しなきゃイイのかしら。パシャッ。

a00

おお!ようやくピントが来ました。うんうん。安心しました。

nanimohasamazu

そこで、今度は、KIPONちゃんの再登場です。

2tusunoadaputa-

これでキヤノンレンズでマクロ出来るのか試してみようと思います。パシャッ!パシャッ!パシャッ!

50

35

おお良い感じ。アレ、もしかしたらKIPONちゃん自体が長い筒なんだし、どこまでマクロ出来るか試してみるべきだよね。パシャッ!

kiponのみ

アカン。長さが足りない。あ、そうだ、一番マクロっぽく寄れるNOKTONちゃんに、マクロアダプターって最高の出来になるんじゃないの??パシャッ!!

17.5

もともと寄れるレンズには合わないようです。。。。一番明るいレンズだったのに残念。

12-35

マクロアダプターのピント合わせ方は、基本的に、カメラを持っている自分自身が前後に動くしか有りません。それとこの安いアダプターは電子接点がないので、絞るにはレンズに絞りリングが付いているほうが便利みたいですが、でもマクロってボケ命なんだから、絞らずNDフィルターが必需品よね。

マクロレンズのいいところは、ピント合わせがレンズのピントリングで出来ること。接写もできるし、遠くも撮れる。やっぱり便利だよね。でも、数シーンを撮影するだけのためにマクロレンズを買うべきか?小道具や衣装やスタジオ代にまわすほうが「映画にとってはイイのではないか?」

とりあえずは、マクロアダプターでなんとかしようと思います。

備考:クローズアップフィルターは画質が低下するっていうけど、どうなんでしょうね。NOKTONちゃんに付けちゃえば幸せになれるのかな。。。(遠い目)

 
コメントする

投稿者: : 2013年2月13日 投稿先 進行, 雑談, 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ハッキング比較 イントラ登場

ノクトン17.5mm F0.95を使って、早速テストしてみました。薄暗い中でのLEDライトで、ISO160です。室内ですがF0.95だと明るすぎたのでND4も付けています。すごいノクトンちゃん。

今回は、大御所Driftwood氏のイントラ176Mbitも登場です。さてどうなることやら…オリジナル比較後に、明るさを変えて。ノイズを視認しやすくしました。

1 GOLGOP3-13-MAX_EX_standard_BETA7f
2 Driftwood GOPStoppa
3 Flow Motion v2.02

うーん、全部同じに見えますが、若干、Driftwoodのノイズが、暴れてない気がします。

それにしても、うーん、オリジナルの見え方がちょっと違います。オリジナルにはバンディングノイズは発生してませんでしたが、ネットアップ用にH264に変換しちゃうと盛大に発生してますね。

まあ、このへんは仕方有りませんね。もともとがH264だし。さて、結局は、使い慣れているGOLGOP3-13-MAXを、AEでグレーディングします。完成形は、以下を御覧ください。

今回は、青みも足してみました。脚本が変化してきていて、牧歌的な色合いでは無くなってきがしたので、青みが必要になりました。ネットアップ用にH264圧縮すると、少しバンディングノイズでちゃいますね。。。。

 
コメントする

投稿者: : 2012年8月23日 投稿先 テスト映像

 

タグ: , , , , , , , , ,

ワークフロー構築

撮影カメラはほぼ確定し、他の機材やら、データの扱い方を、検討している。まずは、カメラの高いビットレート映像データMTSをProResに変換しなきゃ。QTの変換には一部粗い部分があって、破綻するので、5DtoRGBを使う。この前まで無料だったけど、バッチ処理が出来るような上位バージョンが完成していたので、アプリストアから、それを4300円で購入。設定が昔より増えているけど、いろいろテストして、画像のような設定にする。少し淡くて赤みを抑えた感じ。その後のワークフローは、なんとなくイメージでは、ファイナルカット7で仮編集→AEで16ビット色深度でカラコレ→ファイナルカット再読込し、音声調整や字幕追加→最終フォーマットはProResHQ 以上の流れかなと思っています。あとはレンズをどうするか?テストしてて「Xレンズ14-42mm F3.5-5.6」が全然、映画には使えないと分かる。AFは、どんなモードでも迷うし、その少し迷うときのギクギク映像が嫌い。もうMFで操作しようと思っても、フォーカス操作がボタンでありえない。夜間や室内は3.5では少し暗い。ISO1600で現在テスト中。でも、もうさっさと

HyperPrime 12mm f/1.6(35mm判換算24mm)
Voightlander Nokton 25mm f/0.95(35mm判換算50mm)
SLR Magic Noktor 50mm f/0.95(35mm判換算100mm)

の明るいレンズ御三家を購入しようかと思います。少し視野を変えたいときは、EXテレコン機能で、2.6倍ズーム(正確にはクロップ切り出し)を使えばいいんだし。うんうんそうしよう。ちと高いレンズだけど。。。

あとは、
edelkroneリグはhttp://www.edelkrone.com/
モニター(これは購入済)はhttp://www.ad-techno.com/products/camera/CL75DHO/

だんだんと機材沼にハマる。。。ロケ先への投資やら巨大トイレセットやら、なにより役者探しが急務。自己資金でどこまで逝くのか??どなたか資金調達お願いします。良い脚本と監督は揃っています。(脚本はPDFですぐ送れますよ。)

 
コメントする

投稿者: : 2012年4月27日 投稿先 進行

 

タグ: , ,