RSS

タグ別アーカイブ: RODE

マイク対決の行方

今回は、よく使われているブームマイク VS ワイヤレスマイク の対決です。

どちらも2年前くらいに購入したものです。ようやく日の目を見ます。。。アツデンのワイヤレスマイク325の方はもう販売していません。後継機種になっています。RODEのNTG3はまだ現役バリバリですね。小さいNTG1や乾電池駆動のNTG2も有りますが、やっぱり音質の良いのが欲しくてNTG3を買いました。後方の音も若干拾いやすいみたいなので注意しながら使おうのと思います。

で、結果から先に言うと、現場ではどちらも使おうと思います。お互いの音がバックアップになると思いますし。

ワイヤレスは全指向性なので、開放的な音ですね。ブームマイクは指向性が高いのでどんぴしゃりの音の時もありますが、向きによっては少し歪んだ音になりそうです。

ワイヤレスマイクは2個ありますので、会話のシーンには、役者2名につけて、どちらともレシーバーで受けようと思います。衣装の中にマイクを仕込んだりしなきゃいけないので、そういうテストもしなきゃなと思います。それとは別にブームオペレーターを用意して、ブームマイクの音声も収録します。ワイヤレスマイクは特にミキシングはしませんので、現場も少人数を維持できると思います。

音声の録音には、CanonのXF100を使用しました。CF収録カメラですごく静かです。マイクに給電できるキャノン端子も有ります。今回のテストにも使用しました。役者の口元も撮影して、GH2の映像との音合せにも使います。音声収録するものって、絶対カメラ付きが便利だと思います。最近は、そういうカメラ付音声収録機材も増えてきてますね。

役者2人でのシーンだと、今回のような動かない場合と大きく違います。そういう訓練もしたいです。徐々にスタッフ編成も始めます。

 
コメントする

投稿者: : 2012年7月21日 投稿先 機材

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

シナリオを読まれる前に必聴

「教室」は四季を通して、あるカルチャースクールの一年を描きます。ゲイの先生や生徒らの「詩を作る」視点を持って過ごした一年間のドラマです。

春 夏 秋 冬 春2回目 合唱曲 の構成で、この曲は春2回目に挿入される曲オンブラマイフです。

映画の内容は、性欲満々で下品満載。その対極でオペラを配置して、二面性を表現します。まあ、ブラックスワンとホワイトスワンみたいなモノですね。セックスのなかった子供時代とセックス中毒の大人時代を表現したいと思います。

シナリオを読まれる前にお聴きください。

(収録裏話)今回は、映画音楽にオペラや合唱曲を使うことにしたので、かなりハードルが高くなった。まず、マイクをどうするかをネットで調べまくり。3万円以下で購入できて、性能の良いマイクはないか。やっぱりRODEだよね。ということでNT2-Aをサウンドハウスさんでポチッと。ピアノはどうしよう。また、かなりネットで探す。2万円以下がいいなと思っていると、伝説(笑)のピアノ、イタリアングランドピアノ音源の評価が高い。派手な色っぽさも無く、自然で今回の映画のテーマにもぴったりと輸入する。ウチに使われていなかったロジックスタジオが眠っていたので、なんとかロジック使いを探す。ノートにメモリも挿して音飛びがしないようにもした。当日は、反響音を消すためについたてに毛布を垂らしたり、マットレスで固いドアを覆ったり、冷蔵庫や熱帯魚の水槽も電源を落とした。ハラハラ。。。蛍光灯も全部消して、白熱球に変えた。宅録の環境ってシビアで大変。音大から、優秀なピアニストと歌い手を探して、収録開始。音楽が完成していく瞬間って、本当にトレビアーン。恍惚となる。まずは1曲完成。

映画作りって、いろんな分野の芸術を網羅しなければならない。音楽もそう。もともと、マイケルナイマン好きってこともあるけど、こういう声楽は、ほんと映画の骨組みを太くしてくれる。

 
コメントする

投稿者: : 2012年2月10日 投稿先 進行, 音楽

 

タグ: , , ,